>サイトマップ

BLI&NLPトレーナーの近藤です。夢を叶えるためにイメージを持つことが大切です。では、どのようにイメージを思い描くのかをご存じですか。今回はイメージの描き方を、具体的にはセントラルイメージの書き方を、NLP(神経言語プログラミング)の観点から詳しくお伝えします。

◆●◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□▼□マインドマップ成功法〜A4一枚で夢が叶う脳トレ講座
◆□◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┗━━【第3号】━2008.06.20:脳を動かすNLP流イメージ画法

--------------------------------------------------------------------
******* 目 次 *******

【ごあいさつ             】
【イメージの描き方が持つ脳への影響  】
【脳を動かすイメージの描き方     】
【イメージとは何かをNLPでみる   】
【イメージの枠をNLPで考える    】
【イメージの書き方が持つNLP的な理由】
【夢を叶えることを加速するお役立ち情報】
   発行:BLI&NLPトレーナー 近藤哲生
--------------------------------------------------------------------

  こんにちは。
  BLI&NLPトレーナーの近藤です。
 
  少しだけお知らせです。
  夢の実現も加速する【マインドマップ基礎講座】について。
  本講座はブザン・ワールドワイド・ジャパンの講座と同等です。
 
  6月24日(火)の開催分が20日で申込の締めきり予定です。
  また、7月21日(月・祝)も【マインドマップ基礎講座】を開催します。
  6人限定の講座のお申し込みは下記をからどうぞ。
 
  http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/MindMap_Basic/
 
  7月27日はブザン・ワールドワイド・ジャパンの講座にも登壇します。
  大人数の講座をお好みなら下記からどうぞ。
 
  https://www.mindmap.ne.jp/order/form/152/?afCode=0000000000

  さて、前回の主題は、A4で一枚、白紙を用意して夢を描くことでした。
  ただし「多彩に、明るく、大きく、奥行きがあり、動的に」描きます。
  ところで、どうしてそのようにイメージを描くのでしょうか。
 
--------------------------------------------------------------------
【イメージの描き方が持つ脳への影響】
--------------------------------------------------------------------
 
  そう描くことが、ずばり、夢を叶えるのに役立つからです。
  夢を叶えるのは人ですが、人を動かすの結局は脳です。
  夢を叶えるのは結局は脳、としてみましょう。
 
  とすると、夢の実現を左右するのは脳の働きが左右している。
 
  夢は「こうなったら良いな」と人が望むイメージです。
  夢は実現されるまで、どこにあるのでしょうか。
  夢を思い描く人の心にあり、心は脳の中にあるのです。
 
  夢は実現されるまで、脳の中にあるのです。
  脳は自身の中にある夢、そのイメージを実現するために動く。
  また、夢・イメージのあり方に左右されるのが脳の働きなのです。
 
  例えば、強いイメージを持つことは、脳の働きを強くする。
  また、明確な夢を持つことは、脳の動きを明確にする。
  夢が叶うには、明確に強く脳が働くことが不可欠。
 
  ならば、脳をそのように働かせるイメージを持ちたい。
  脳が夢を実現するイメージは、どのようあるべきか。
 
--------------------------------------------------------------------
【脳を動かすイメージの描き方】
--------------------------------------------------------------------
 
  それを実験して探求してみましょう。
 
  レモンをカラフル、明るく、大きく想像しましょう。
  そのレモンを想像の中で二つにメリメリと割っていきます。
  そうイメージするとどうでしょうか。
 
  鮮やかなレモンのイメージで、香りや味が想像され、唾液も出るわけです。
  そうなるのは、脳がイメージと現実の区別をあまりしないからです。
  脳はイメージ通りに反応をするのです。
 
  比較としてレモンを灰色に、暗めに、小さく想像してみましょう。
  同じくレモンを想像の中で二つにメリメリと割っていきます。
  そうイメージするとどうでしょうか。
 
  不鮮明なレモンのイメージは、前より反応が小さくないですか。
  もちろん脳に働きかけますが、その作用も弱い訳です。
 
  前者と後者を較べてみるとどうでしょうか。
  カラフル、明るく、大きなイメージに脳は強く反応していたのです。
  脳を強く動かすイメージは「カラフル、明るく、大きく」にすれば良い。
 
  じつは、強く脳を動かすイメージは奥行きや動きも持っています。
  だから「多彩に、明るく、大きく、奥行きがあり、動的に」描きます。
  そのように描くことが脳を強く明確に働かせるのです。

--------------------------------------------------------------------
【イメージとは何かをNLPでみる】
--------------------------------------------------------------------
 
  NLPは心の中で再現されることやその要素やその働きを解析します。
 
  再現されることが、内的な感覚で視覚や聴覚や身体感覚です。
  その要素がそれぞれの感覚を構成するもので、脳に色々な働きをします。
 
  ところでイメージをどのようにお考えでしょうか。
  「イメージは心の中で見えるものだけ」とする方に時々お会いします。
  でもイメージは、視覚的な感覚だけではありません。
 
  イメージは、視覚の他に、聴覚や身体感覚で構成されます。
  身体感覚とは、触覚、温感、重量感、体内の感覚などの総称です。
  嗅覚や味覚もありますが、NLPはその2つにあまり注目しません。

  イメージを構成している感覚をモダリティと言います。
  モダリティはそれぞれに幾つかの要素を持っています。
  
  視覚の要素は、色合い、明暗、大きさ、奥行き、動きなどです。
  聴覚の要素は、音程、音量、テンポ、リズムなどです。
  感覚に従属している感覚の要素はサブモダリティと言います。
 
  先にあげたイメージの要素は視覚的なザブモダリティでした。
  強度のあるイメージは特定の要素とその度合で構成されています。
  例えば視覚は「多彩で、明るく、大きな、奥行きのあり、動的」です。
 
  そのように夢を思い描けるように、紙の中央にそう描いていきます。
  そう書くことが脳を強く、明確に、動かすのです。
  そのように脳が動くことが、夢を叶えます。

--------------------------------------------------------------------
【イメージの枠をNLPで考える】
--------------------------------------------------------------------

  ただし、夢の絵(イメージ)を○や□など枠で囲まないで下さい。
  これはとても大事なことです。
  その理由はこうです。

  実際の惨劇でもTVのフレームを通して見ていることは他人事です。
  フレーム、つまり枠は「他人事だ」と見る人を条件付けします。
  他人事だから見ることのインパクトは低い。
 
  せっかく書いたイメージに枠を描くとどうなるのか。
 
  その条件づけから枠つきのイメージは他人事でインパクトが下がります。
  そうなっては、せっかくインパクトを持たせた夢がもったいない。
  だから夢の絵として描くセントラルイメージに枠は不要です。
  
  枠なしでインパクトがある夢を絵に描くと脳に確実に記憶されます。
  確実に記憶されることは夢を叶えるためにとても大事です。
  その理由は次のことからです。
 
  夢が叶わない一番の原因は、驚くことに自分の夢を忘れることでしょう。
  夢を忘れたら、叶えるために何をやったら良いか分かりませんからね。
  また、偶然に夢を叶えたとしても、叶えたこともわかりません。
 
  結局、夢を忘れると、夢は叶わない。
  だから「夢を持て」と先人たちは教える。
  明確な願望の大切さを成功哲学は示す訳です。
 
  さて、年初に立てた1年の夢・目標を実現した人は挙手してくれますか。
  その夢をはっきりと覚えている人は同じく挙手して下さい。
  ありがとうございます。
 
  どちらにもあまり手が上がらないようですね。
  それがどうも夢が叶わない理由を表しているようです。
  夢が叶わない理由はやはり忘れることではないでしょうか。
 
  夢をはっきりと思い描いていても実現を阻む障害があるのも事実です。
  ところが、実現を阻む障害を乗り越えられる夢の持ち方もあるのです。
  障害を克服している人たちはそうなる夢を持っているからです。
 
  夢を忘れないようにするためにインパクトのある絵を描くのは大事です。
  ではインパクトがあるイメージがどうして記憶されるのか。
  記憶される訳をもう少しだけ付け加えましょう。

--------------------------------------------------------------------
【イメージの書き方が持つNLP的な理由】
--------------------------------------------------------------------

  インパクトについてまたNLP的に見ていきましょう。
 
  レモンの視覚的なサブモダリティはこうです。
  カラー/モノクロ、明るい/暗い、大きい/小さい、などです。
  色彩、明度、サイズなど要素の違いがインパクトの強度を決めています。
 
  今度は記憶について較べてみましょう。
  今でも印象深く記憶している思い出を振り返ってくれますか。
  つぎに、すでに印象が薄れた別の思い出をここで振り返りましょう。

  2つの思いでのイメージを比較するとどんな違いがあるでしょうか。
  色合い、明るさ、大きさ、奥行き、動きの有無、を比較するとどうか。
  印象深く記憶している思い出は次の要素があるのではないでしょうか。

  それは「多彩で、明るく、大きな、奥行きのあり、動的」では。
  上記のうち、幾つかが際だっている、あるいは全部かもしれませんね。
  印象深く記憶していることのイメージはそうなっている。
 
  印象深いことはインパクトがあったから記憶されている。
  「多彩で、明るく、大きな、奥行きのあり、動的」がインパクトになる。
  インパクトが記憶をつくる。
  
  夢を実現するには、夢を持ち続けられるように、心に刻み込みたい。
  インパクトのある夢のイメージは記憶される、心にしっかり留まります。
  だから、夢のイメージをインパクトがあるように描くのです。
 
  「多彩で、明るく、大きな、奥行きのあり、動的」にと。
  もちろん、そう言いきるのは一般化しすぎのところがあります。
  ある方は、色合いや明るさを押さえた方が良い、かもしれませんね。
 
  色合いがありすぎてちゃらちゃらすれば、明るすぎれば、軽くなる。
  視覚的に重みを感じる方がインパクトを感じることもあります。
  他の要素についても強度を変えてみてください。
 
  付け加えますが「視覚的な重み」というのは面白いことなのです。
  視覚なのに「重み」という身体感覚の表現がここにあります。
  ある感覚から別の感覚を想起することを共感覚と言います。
 
  閑話休題。
 
  要は、自分にインパクトのあるイメージがどんな要素を持っているか。
  それを自分なりに探求して、イメージを描くことが大事なわけです。
  インパクトがある絵になるまで、何枚か書くのも良いでしょう。
 
  次回は、セントラルイメージから枝を出します。
  夢を具体的にするステップをはじめましょう。
  では、また次回、お会いしましょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【夢を叶えることを加速するお役立ち情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  さて今回はマインドマップの入り口をご案内しました。
  マインドマップは夢を叶えるのにも大変役に立つ脳の使い方です。
  夢を叶える一端として資格や検定の試験勉強もあります。

  試験勉強にも多いに役に立つのがやはりマインドマップです。
  メルマガ発行人の近藤は、マインドマップで一級建築士に合格しました。
  その経験からも試験勉強にもマインドマップは効果的と言えます。

  ただし、正式なマインドマップの書き方をすることが大事です。
  マインドマップは我流でも効果を表しますが正式なものは格段です。
  効果を期待できるマインドマップの書き方が分かる1日講座があります。

  【マインドマップ基礎講座】です。
  次回の開催は、6月24日(火)と7月21日(月・祝)です。
  詳しくは下記をご覧下さいね。↓↓↓↓↓↓

  http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/MindMap_Basic/

  まず早く書き方を知りたい方は下記へどうぞ。
  今回に加えて詳しいマインドマップの書き方が満載です。

  http://www.kondotetsuo.com/mindmap/howto/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ 発行人:BLI(ブザン公認インストラクター)
       NLP(神経言語プログラミング)トレーナー 近藤哲生
※ 近藤哲生の公式サイト:< http://www.kondotetsuo.com/ >
※ 近藤哲生のブログ  :< http://blog.kondotetsuo.com/mt/ >
※ E-Mail :< info@kondotetsuo.com >
※ まくまぐID 0000266615
※ 社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
   ただし、無断転載は厳禁です。出所を必ず明記して下さい。
  
--------------------------------------------------------------------
■広告や記事中でご紹介している商品・サービスに関してのトラブル等に
  ついて当方では一切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断下さい。
■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。こちらから可能です。
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000266615.htm
 
--------------------------------------------------------------------
☆近藤哲生のプロフィールはこちら
  http://www.kondotetsuo.com/profile.html
 
--------------------------------------------------------------------
※マインドマップRおよびMind MapRは英国Buzan Organisation Ltd.の登録
  商標です。日本国内では、ブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社が
  マインドマップの商標権を含む知的財産権の利用を正式に許可された唯一
  の団体です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メルマガ登録・解除

まぐまぐから無料のメルマガを発行しています。

 

就職・転職・仕事目標達成をして夢を叶える思考法・勉強術・コミュニケーションのノウハウを、NLPマインドマップの視点から学べるメルマガ脳トレ講座です。NLPトレーナーでブザン公認マインドマップインストラクターの近藤哲生がお届けします。

 

メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

 

NLPとマインドマップの情報発信をする近藤のブログ

Blog_Kondo