>サイトマップ

初めまして、BLI&NLPトレーナーの近藤です。

今回のマインドマップ成功法のテーマは前回に続いてイメージ活用です。

イメージ活用でも聴覚的な従属要素をどう活用するかをお耳に入れましょう。

◆●◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□▼□【マインドマップ成功法】A4一枚で夢が叶う脳トレ講座
◆□◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┗━━【第18号】━2008.09.17:連想の橋渡し

--------------------------------------------------------------------
  ====== 目  次 ======

【講座開催のご報告          】
【前回の振り返り           】
【イメージを担う聴覚の構造      】
【聴覚の構造の使い方         】
【聴覚の構造とマインドマップ     】
【講座のお知らせを2つ        】
   発行:BLI&NLPトレーナー 近藤哲生
--------------------------------------------------------------------

  こんにちは。
  BLI&NLPトレーナーの近藤です。
 
  世界では、経済の衝撃が、週明けを告げましたね。
  国内では、事故米転売の波が、さらに広がっています。
  お酒をあまり飲めない私でも、お酒の味が何となく気になります。
 
  皆さんは、この一週間はいかがお過ごしでしたか。
  先週末は、マインドマップ基礎講座を近藤は開催しました。
 
  連休の初日にもかかわらず、2名の方がご参加くださいました。
  MK様、ST様、ご参加くださり本当にありがとうございました。

  講座アンケートからお二人の声をご紹介させて頂きます。

  「講座はあっという間に終わってしまいました。今まで独学で学んだ事を
  より深く正しく理解する事が出来たので受講させていただいて本当に良か
  ったです。新たな発見もたくさんあったので今後に活かしていきたいと思
  います」MK様
 
  「自分の周りに多くの人がかかわっていることを再認識しました。過去の
  ことを思い出し、未来を具体化したいと思います。とにかく、エンジョイ
  しながら毎日続けてマインドマップを書くことを頑張りたいです」ST様
 
  ブザン・ワールドワイド・ジャパンの講座に近藤も登壇しています。
  そのときは、20名以上の方をお相手に講座をリードします。
  大人数も手伝ってエキサイティングな講座になります。
 
  そして、今回のような少人数の講座はどうか。
  お1人ごとの参加目的が達成されるようにより細かく支援できます。
  ですから、「講座にご参加いただいて、本当に良かった」、
  と手前味噌ながら今回も実感できた次第です。
 
  さて、今月末も講座を開催します。
  開催の告知はホームページとこのメルマガだけです。
  ですから、大人数ではなくまた少人数で講座ができそうです。
  講座はマインドマップの講座をご終了された方向けの応用コースです。
 
  それが「フューチャー・ヒストリー講座」です。
  今回は、初回開催のために特別限定価格の募集です。
  少人数でしっかりとしたサポートを受けられます。

  自分にぴったりのワクワクした人生をイメージ出来ますよ。
  詳しくは、下記からご覧ください。
 
  http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/futurehistory.html

--------------------------------------------------------------------
【前回の振り返り】
--------------------------------------------------------------------
 
  前回から、イメージ活用をお伝えしています。
 
  イメージ活用のなかでも視覚をどう活用するかが、前回のテーマでした。
  イメージは前回お伝えしたように、視覚や聴覚や身体感覚が主な要素。
 
  頭の動きを紙の上に写し出す。
  視覚的な思考の表現方法がマインドマップでした。
  脳は、第一言語であるイメージと連想を使って思考を展開します。

  イメージを構成する主な要素の1つが視覚でした。
  脳は視覚に基づいても、想像や連想の形で思考を広げています。
  だから、視覚的な従属要素を変えると、脳は大きな影響を受けます。
 
  この前提から、セントラルイメージの書き方が大事だとわかります。
  また、視覚の従属要素を変えると、心の状態も変わりました。
  そのことも、ストレスコントロールを例にお伝えしました。
 
  実は、そのやり方には出所がありました。
  出所は、NLP(神経言語プログラミング)です。
  マインドマップと共に脳の取り扱い説明書と言われる技法です。
  どのようにイメージを持ったら、脳が変わるのかをNLPは教えます。
 
  その1つのやり方が、先週の視覚の従属要素を変えることだったのです。
  各感覚の従属要素のことをNLPではサブモダリティといいます。
  サブは従属、モダリティは様相つまり視覚や聴覚や身体感覚です。
  先週は視覚のサブモダリティ変換をご紹介しました。
 
  このサブモダリティ変換は、実に強力です。
  強力なNLPの手法は、基本にその変換を核の1つにしています。
 
  これを認知してマインドマップを書けるとどうか。
  実に強力な影響を自分の脳に与えることが可能です。
  つまり思い通りに自分の脳を取り扱えるようになるのです。
  脳の持ち主である自分を思い通りに変えることが出来るのです。
 
--------------------------------------------------------------------
【イメージを担う聴覚の構造】
--------------------------------------------------------------------

  前回はイメージを構成する主な感覚から視覚を取り上げました。
  今回はイメージを担う聴覚の活用法に耳を傾けてみましょう。
 
  その準備として、聴覚の構造をまずお耳にいれます。
  その構造をなす従属要素から代表的なものを言葉にしましょう。
 
  ・種類:音か言葉か
  ・音程:高いから低いまで
  ・音量:大きいから小さいまで連続
  ・音色:豊かさや艶やかさ
  ・位置:上下や左右、どこから聞こえるか
 
  他にも、距離や明瞭さ、ピッチ(音の間隔)やリズムがあります。
 
  さて、リストの言葉を耳にしてどうですか。
  こうやって文字にすると、難しい感じがするのも事実です。
  ところが、心の中でその従属要素を簡単に私たちは取り扱えるのです。
 
  視覚もそうなのですが、聴覚の従属要素が言葉に出ているからです。
  言葉は、特に母国語の場合は無意識に扱えるものですし、
  心の中つまり頭の中で起こっていることを表現するものでした。
 
  例えばこのような言い回しを無意識にします。
  「彼の言葉は胸に響いた」と聴覚的な表現をします。
  あるいは「とんとん拍子に事がすすんだよ」と言葉を口にします。
  どちらも考えることなく簡単に聴覚的な従属要素を言葉に表しています。
 
  だから、聴覚的な要素を扱うことも、意外と簡単なのです。
  なにしろ、無意識に出来ているわけですからね。
 
  最初は、ちょっとだけ意識して聴覚も従属要素を取り扱うだけです。

--------------------------------------------------------------------
【聴覚の構造の使い方】
--------------------------------------------------------------------
 
  ではどうやって従属要素を使うのか。
 
  これまた、ストレスコントロールを例に考えてみましょう。
  例えば、以前に取引先から苦情を言われ、まだ嫌な気分だとしましょう。
 
  確かに、その苦情から仕事の改善策を見つけるのは大切です。
  でも、その事から学びを得たら、まだ嫌な気分でいるのは不要では。
  だって、その出来事から教訓を得て仕事が改善でき、
  成果をさせるようになれば良いのですから。

  必要な学びができたら、さて嫌な気分をどうするか。
  聴覚の従属要素を変えることでも、気分を変えることが出来ます。

  試しに苦情を言った人の声がもつサブ・モダリティを変えてみましょう。

  その声が、低くて大きく、正面に聞こえる印象を持つとしましょうか。
  聴覚の従属要素ををイメージのなかで、色々と変えてみるのです。
 
  例えばこうです。
  声の音程を高くします。 
  音量を小さくしていきます。
  声が聞こえる位置を足下に下げます。
  声色もアニメのキャラみたいな可愛い声に変えます。

  そのように従属要素をかえつつ苦情を心の中で再現してみます。
  たぶん、今までの嫌な印象がガラリと変わるでしょう。
 
  もしかしたら、「なんと不謹慎な」とお思いですか。
  しかし、必要なことを学んだら、嫌な気分でいなくても良いのでは。

  NLPの創始者リチャード・バンドラーは次のように言いました。
  後で笑えるようになるのなら、いまなぜ笑えるようにならないの、と。
 
  仕事で必要なことは、嫌な気分で居続けることではないはず。
  そうではなく、成果をあげること、そうではありませんか。
  そのためのストレスコントロールは大事な事でしょう。
  だから、その事例をご紹介しました。
 
--------------------------------------------------------------------
【聴覚の構造とマインドマップ】
--------------------------------------------------------------------
 
  では、聴覚の従属要素をマインドマップにどう使うか。
 
  マインドマップは思考の視覚的な表現でした。
  聴覚をどのように視覚的な表現に変換するかが目の付け所です。
 
  聴覚の従属要素に言葉もありましたから、言葉は簡単です。
  マインドマップで、単語のキーワードを書けばこれは対処できます。
  では、音の要素である音程や音量、音色はどうすれば良いのでしょうか。
 
  目の付け所は、脳が使っている第一言語にあります。
  脳の第一言語はイマジネーションとアソシエーション(連想)でした。
 
  連想を使って音の要素を視覚的な要素に置き換えることが出来ます。
  打ち合わせ相手の声の印象をマインドマップに書くとしましょう。
 
  その人の声色は鳴り物に例えるとどんな音色ですか。
  鈴のような音色ならば、鈴を声のシンボルとして書きましょう。

  声の大きさは自然にある音に例えるとどんなものでしょうか。
  雷鳴のようなら、それこそ雷様の絵でも描きましょう。

  話し方の速度は乗り物や動物に例えるとどんな絵が思い浮かびますか。
  ゆったりとしているなら、亀の絵がぴったりかもしれませんね。
 
  例えば、失敗して上司に怒鳴られることを「雷が落ちる」と言いますね。
  これは連想をとおして怒鳴り声が視覚的なイメージにもなっています。
  それを視覚的に表現するなら、稲妻を書くわけです。
 
  相手の声色を視覚的に表すことも、言葉に注目するとできるものです。
  例えば、女性のキャーキャー言う声を「黄色い声」と言いますよね。
  その声は危険を表す場合があり、注意を促す黄色が連想される。
  だから、黄色い声と言うわけです。

  音や声から色が想像されたのが、黄色い声の例です。
  ある感覚から別の感覚が生じる現象で、共感覚と言います。
  声色と言うように、声から色を連想してみることもできますね。
  連想した色を使って、マインドマップの言葉を書けます。
 
  また、声色から身体感覚である温感を抱くこともありますね。
  「あの人は冷たい言い方をした」と言い表すのが、その1例です。
  この場合だったら、枝のどこかに氷りでも描くのはいかがですか。
  あるいは、冷たさを感じさせるつららの絵も描けます。
 
  聴覚的な要素も言葉に注目すると、それなりに絵になるものです。
  皆さんの心のなかで私の言葉はどれくらい絵になりましたか。
  さて次回は身体感覚を中心にイメージ活用を考えます。

  では、またお会いしましょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【講座のお知らせを2つ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  最初は、8月に開催して大好評だった講座のお知らせをします。
  「初めてのマインドマップで学ぶ合格を目指す試験勉強術講座」です。
 
  資格や検定の試験勉強を始める方におすすめします。
 
  試験勉強は努力や根性だけでは、決して上手くいきません。
  上手く進めて行くには、心と技の両面が不可欠だからです。
 
  その両面を精神論と技術論に分けて具体的に学ぶことが出来ます。
  精神論は、単なる心構えではなく、心理学や脳科学に立脚したものです。
  技術論は、小手先の技法ではなく、科学的な学習法に由来します。
  
  また、長期にわたる資格試験の勉強にメンタルケアは不可欠ですね。
  そのメンタルケアも実習を通して学ぶことが出来ます。
 
  どの実習も、NLPやマインドマップに基づく楽しいものですよ。
 
  これから試験勉強を始める。
  もう始めたけれどもっと弾みをつけたい。
  今年こそは絶対に合格を目指せる勉強がしたい。
 
  そのようなお考えをお持ちでしたら、
  あなたは間違いなく十分に参加資格をお持ちです。
  詳しくは、参加者の声も確認できる下記をご覧ください。
 
  http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/MMshikenbenkyou.html

 
  ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

  次に、9月末に開催の新講座のお知らせです。

  それが「フューチャー・ヒストリー講座」です。
  この新講座で究極のイメージ活用をあなたも体験できます。
  この講座が、NLPを元にイメージ活用を豊富に取り入れたからです。

  この講座は、今回はマインドマップの講座を修了された方が対象です。
  マインドマップ基礎や初めてのマインドマップを受講済みの方むけです。
  マインドマップの講座がまだのかた、今回はごめんなさい。

  皆さんは人生をどう構築していますか。
  現在を元に未来を考えるのがフツーかもしれませんね。
  ところがこの講座では、ちょっと変わった事が体験できます。
 
  未来の視点から、逆に現在を創作できるのです。
  また、本講座で未来の人生をイメージトレーニングできます。
  NLPのイメージトレーニング法でそれを実現するからなんです。
 
  「なんだか、むずかしそう」とおもわれましたか。
  でも、むずかしそうだと思える人でも安心してご参加いただけます。
  NLPの技法はトレーナー資格を有する講師が易しくご案内します。

  「どんな方法を使うの」と思われましたか。
  その方法を講座のネーミングが何となく暗示しています。
  それはNLPの時間を旅する技法で簡単に未来に旅する方法です。
  時間を旅して未来へ、過去の賢人たちのように、あなたも行けるのです。

  行けると言っても未来を想像するイメージトレーニング法です。
  具体的にはタイムラインや言語パターンといったノウハウを使います。
  想像に終わらず、実現化するためには多様な視点も欲しいところですね。
  その方法もNLPから皆さんに講師がこれまた易しくサポートします。

  この講座の目的はいったい何なのかまとめましょう。
  脳の取り扱い説明書であるNLPとマインドマップで人生を創作する。
  予め未来の人生を生きて、思い通りに人生ドラマを創るのです。
  未来のヒストリーから未来のストーリーを創るのです。
  ストーリーを創ったら、あとは楽しんで生きる。

  それが「フューチャー・ヒストリー講座」です。
  今回は、トライアル開催のために特別限定価格の募集です。
  詳しくは、下記からご覧ください。

  http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/futurehistory.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ 発行人:BLI(ブザン公認インストラクター)
       NLP(神経言語プログラミング)トレーナー 近藤哲生
※ 近藤哲生の公式サイト:< http://www.kondotetsuo.com/ >
※ 近藤哲生のブログ  :< http://blog.kondotetsuo.com/mt/ >
※ E-Mail :< info@kondotetsuo.com >
※ まくまぐID 0000266615
※ 社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
   ただし、無断転載は厳禁です。出所を必ず明記して下さい。
  
--------------------------------------------------------------------
■広告や記事中でご紹介している商品・サービスに関してのトラブル等に
  ついて当方では一切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断下さい。
■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。こちらから可能です。
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000266615.htm
 
--------------------------------------------------------------------
☆近藤哲生のプロフィールはこちら
  http://www.kondotetsuo.com/profile.html
 
--------------------------------------------------------------------
※マインドマップRおよびMind MapRは英国Buzan Organization Ltd.の登録
  商標です。日本国内では、ブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社が
  マインドマップの商標権を含む知的財産権の利用を正式に許可された唯一
  の団体です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
      (以下は、まぐまぐさんからのお知らせです)

メルマガ登録・解除

まぐまぐから無料のメルマガを発行しています。

 

就職・転職・仕事目標達成をして夢を叶える思考法・勉強術・コミュニケーションのノウハウを、NLPマインドマップの視点から学べるメルマガ脳トレ講座です。NLPトレーナーでブザン公認マインドマップインストラクターの近藤哲生がお届けします。

 

メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

 

NLPとマインドマップの情報発信をする近藤のブログ

Blog_Kondo