マインドマップを書いて、歪曲を見なおせば自分が変わる

>サイトマップ

初めまして、BLI&NLPトレーナーの近藤です。

今回のマインドマップ成功法のテーマは自分を認めること。

自分を認める方法として歪曲を見なおす質問をすることをご案内します。

◆●◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□▼□【マインドマップ成功法】A4一枚で夢が叶う脳トレ講座
◆□◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┗━━【第29号】━2008.12.10:歪曲を見なおせば自分が変わる

--------------------------------------------------------------------
  ====== 目 次 ======

【近況のご報告           】
【合格を目指す試験勉強術      】
【前回の振り返り          】
【歪曲を見なおす          】
【マインドマップ基礎講座      】

  発行:BLI&NLPトレーナー 近藤哲生
--------------------------------------------------------------------

  こんにちは。
  BLI&NLPトレーナーの近藤です。

  いかがお過ごしでしたか。
  先週末、イメージコンサルティングを受けました。
 
  イメージコンサルティングをご存じでしたか。
  自分の特色をつかむためのものだとは知っていました。
  でも、正直、何をどうやるのかは良く知らなかったのです。
 
  人には合う色合いが春夏秋冬としてある。
  その色合いから更にその人にぴったりの色彩を選ぶ。
  それが、イメージコンサルティングのカラー診断です。

  コンサルタントの三上さんが、私の肌や瞳の色を観察される。
  観察して、私に似合う色合いを四季から診断してくれました。

  診断の結果、私に似合う色合いは冬でした。
  ひと言で言うとクリスマスの色合いで原色系です。
  その色彩から更により似合う色を教えてもらいました。
  自分のことって良く分からないから、「なるほどね」の連続でした。

  生まれが福岡ですから、身につける色など全く気にしませんでした。
  「男が服の色ば、気にするもんじゃなか」と無頓着でした。
  実は、そんな偏った価値観や信念を持っていたのです。
  事実、似合う色合いなんか考えたこともなかった。
 
  ところが、自分に似合う色を教えてもらってどうでしょう。
  「へーっ」と思いつつ、「そうなんだ」と納得できた私でした。
  加えて自分という人間の違った側面を発見できたのです。
  不思議なことに何だか自信がつきました。

  自分に似合う色合いなんて知らなかった。
  だから、衣服を買うのが苦手だったのです。
  でも、これからは自分に似合う色合いの装いができる。
  色柄に迷わずに服の買い物を楽しめそうです。

  事実は、自分に似合う色合いを見つけられただけです。
  ところが、自分のことを何だか認められるようになりました。
  時間とお金の投資は必要でしたが、新たな自分を発見できました。

  自分を知って自信を持つためにもイメージコンサルティングは有益です。
  これからはセルフブランディングの時代でもあるからです。
  自分を演出するのが今ひとつ苦手な方にもおすすめです。
  興味のある方は下記のホームページをご参照ください。

  http://www.ohmori-method.co.jp

  まずはお知らせからです。
 
--------------------------------------------------------------------
【合格を目指す試験勉強術】
--------------------------------------------------------------------
 
  クリスマス気分も盛り上がってきました。
 
  街ではイルミネーションが色とりどりに輝いています。
  その一方、毎日のように暗いニュースが耳に届きますね。
  耳に届くその響きのためか、空気が妙に冷ややかに感じられる。
 
  そのようなことを何となく感じるときはどうでしょう。
  「将来に備えてどうしたら良いのだろう」とつい考えませんか。
  結局、頼りになるのは自分だろう、と考えるのは自然なことでしょう。
 
  頼りになる1つのことが資格取得ではないでしょうか。
  組織が自分を守ってくれないご時世ですから、自己防衛をしたい。
  その一端として役に立つのが資格の取得であることは確かなことです。
 
  ならば資格取得にむけて行動するのは早い方が良くありませんか。
  合格を目指して勉強することを新年まで待つ必要はありませんよね。
 
  さて、今から来年の合格を考える。
  合格をしっかりと目指す勉強を始めませんか。
 
  もし、夢を叶える1つとして資格取得できたらどうでしょうか。
  ご自分の人生にあらたな可能性が開けるのは確かでしょう。
  その可能性を思い描くと何だかワクワクしてきませんか。
  組織の行く末に左右されない新たな人生が開けます。

  もし資格を取るならどうでしょう。
  どんな試験勉強ができたら来年は良いでしょうか。
  同じ試験勉強をするのなら、効率的に勉強できたら良いですよね。
 
  効率的に勉強を進められる戦略・戦術をあなたも学んでみませんか。
  初めてのマインドマップで学ぶ試験勉強術講座が役に立ちます。
  現在、残席があと僅か3席となりました。
 
  お申し込みはお急ぎ下さい。
 
  http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/MMshikenbenkyou.html

--------------------------------------------------------------------
【前回の振り返り】
--------------------------------------------------------------------
 
  前回のテーマは省略を見なおしました。
  比較の基準や根拠、判断にかかわる情報を取り戻す質問でした。
  その質問を使って、省略された情報を回復する。
  こうして自分を認めることでした。
 
  私たちは言葉を発するまでの瞬時に様々な情報処理をします。
  情報処理は直接に体験したことを省略・歪曲、一般化して言語にします。
  この過程で様々な情報が欠落します。
 
  一方、情報処理は情報の洪水から意識を守る安全装置でした。
  洪水とは右脳が処理する毎秒千万ビットの情報量です。
  その結果、左脳は毎秒40ビットを処理できる。
  安全機構の1つが省略だったのです。
 
  省略はまさに情報を省きます。
  省かれる情報は、比較の基準や判断の根拠でした。
  例えば「私はチビだ」とする言葉は根拠や基準を省略しています。
 
  その基準や根拠が偏っている場合があります。
  特に、すごく背丈のあるスーパーモデルを基準にするとそうなります。
  また、判断したのが自分だけだと、主観から偏った判断をしやすい。
  もしくは、数人の意見だけでもやはり偏った考えになる。
 
  そのようにしてマイナスの自己評価がやがて生まれのです。
  マイナスの自己評価のために自分を自分で苦しめる。
  その苦しみから脱して自分を認めたい。
 
  自分を認められれば、夢を叶える力も湧く。
  だから、省略を見なおすことをご案内したのです。
 
  今回は3つ目、最後の歪曲をご案内します。
 
--------------------------------------------------------------------
【歪曲を見なおす】
--------------------------------------------------------------------
 
  歪曲は元の体験を再定義します。
 
  直裁にいえばまさに意味を歪めて曲げます。
  直接の体験に省略や一般化が作用します。
  作用してついには歪曲が起きます。
 
  歪曲の例を見てみましょう。
  例えばこんなことを思ったとしましょう。

  ・小太りだから、私は嫌われる
  ・上司は話を聞くとき下を向くから、私を無視している
  ・あの人は誕生日のプレゼントしないから、私は愛されていない

  この例を見ると、ある構造が見えます。
  構造は2つの言葉を1つの意味になるように結合します。
  では、このような歪曲をどう見なおしたら良いのでしょうか。
 
 
  最初の例から見なおしてみます。

  そんな自分にはこう質問できます。
  「小太りであることが、どうして嫌われることを意味するの」です。

  小太りが、必ず嫌われるとは限りません。
  事実、外見と人気の度合いが矛盾しているタレントは沢山います。
  多くの男性はポッチャリと小太りの方の女性を好むとよく言われます。
 
 
 
  次の例はどうでしょう。

  そんな自分にはこう問いかけましょう。
  「相手が下を向くことが、なぜ自分が無視されることになるの」です。

  視覚を軸に話しを進める人はこう考える傾向があります。
  上司は、身体感覚を軸に話しを進めているのかもしれません。
  話の内容を感じとるために視線を下に向けている可能性もあります。
  そうする上司を見て「無視されている」と言葉にしているようです。

  相手の話を感じ取ろうと下を向く自分のことも見えてくるかもしれません。
  すると、下を向く相手のことも理解できる。
  決して自分が無視されている訳ではないとも分かるでしょう。
 
 
 
  最後の例を見てみましょう。

  そんな自分にはこう聞いてあげましょう。
  「プレゼントされないことが、どうして愛されないことになるの」です。

  確かに、考えていることの可能性もあります。
  しかし、考えていることがそのまま真実とはかぎりません。
 
  理由は例えばこうです。
  仕事が忙しくてたまたまプレゼントができなかった。
  何かの事情があってプレゼントを手渡せなかった。
  プレゼントをできない訳が他にも沢山あったかもしれません。
  だから、前者の出来事をもって、後者の意味を持ち出すのは歪曲です。
 
 
 
  歪曲の仕組みを振り返って見ましょう。
  前者のことが、後者の表す意味になっています。
  だから、歪曲の1つは等価の複合観念と呼ばれます。
  それが先の例のように言葉に表れます。

  歪曲に対処するには次ように問いかけができます。
  繰り返すと、「Xが、どうしてYを意味するのか」です。
  こうして自分がうっかりなしている等価の複合観念に気づけます。
  気づけば、無意識にしているマイナス評価も検討できます。

  そうすれば、自分を認められ、自分が変わることに繋がります。
  変わっていけば、夢を叶える力も湧いてくるでしょう。
 
--------------------------------------------------------------------
【マインドマップ基礎講座】
--------------------------------------------------------------------

  今月から参加料は同じで、時間の枠が1時間拡大となります。
  マインドマップを使って成果を作るコツをもっとお伝えするためです。

  そして今月と来月の基礎講座は目標設定に重心を置きます。
  目標設定はこれまでに講座の中でも取り実習として取り上げたました。

  では、なぜいま講座で目標設定に注目するのか。

  この時期は一年の終わりであり、一年の始まりです。
  夢を叶えるには必要不可欠な目標設定に最適の時期だからです。

  目標設定に有益な情報も提供します。
  これまで時間の関係でお話ししなかったことです。
  目標設定のコツとそれを表現できるマインドマップの書き方です。
  書き方とともに達成にいたる行動の起こし方もお伝えします。

  あなたも基礎講座で一年を振り返りつつ、新年の目標設定をしませんか。
 
  そうすれば、来年の今頃は本当に夢が叶っているかもしれませんよ。
  そう考えるだけでも何だか楽しくなってきませんか。

  次回は、12月23日(祝・火)と新年1月4日、11日に開催します。
  詳しくは下記をご覧下さい。

  http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/MindMap_Basic/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※発行人:BLI(ブザン公認インストラクター)
     NLP(神経言語プログラミング)トレーナー 近藤哲生
※近藤哲生のサイト:< http://www.kondotetsuo.com/ >
??????????? 連絡先:< http://www.kondotetsuo.com/tokusyouhou.html >
※近藤哲生のブログ:< http://blog.kondotetsuo.com/mt/ >
※E-Mail  ???? :< info@kondotetsuo.com >
※まくまぐID 0000266615
※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
  ただし、無断転載は厳禁です。出所を必ず明記して下さい。
  
--------------------------------------------------------------------
■広告や記事中でご紹介している商品・サービスに関してのトラブル等に
  ついて当方では一切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断下さい。
■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。こちらから可能です。
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000266615.htm
 
--------------------------------------------------------------------
☆近藤哲生のプロフィールはこちら
  http://www.kondotetsuo.com/profile.html
 
--------------------------------------------------------------------
※マインドマップRおよびMind MapRは英国Buzan Organization Ltd.の登録
  商標です。日本国内では、ブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社が
  マインドマップの商標権を含む知的財産権の利用を正式に許可された唯一
  の団体です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ登録・解除

まぐまぐから無料のメルマガを発行しています。

 

就職・転職・仕事目標達成をして夢を叶える思考法・勉強術・コミュニケーションのノウハウを、NLPマインドマップの視点から学べるメルマガ脳トレ講座です。NLPトレーナーでブザン公認マインドマップインストラクターの近藤哲生がお届けします。

 

メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

 

NLPとマインドマップの情報発信をする近藤のブログ

Blog_Kondo