ヴィジョンを生きる基準

>サイトマップ

初めまして。

BLI&NLPトレーナーの近藤です。

今回のマインドマップ成功法のテーマは時間の使い方です。

ヴィジョンを夢ではなく現実にするために有効な時間の使い方をご案内します。

◆●◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□▼□【マインドマップ成功法】A4一枚で夢が叶う脳トレ講座
◆□◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┗━━【第34号】━2009.01.14:ヴィジョンを生きる基準

--------------------------------------------------------------------
  ====== 目 次 ======

【近況のご報告           】
【今年の目標とは          】
【前回の振り返り          】
【ヴィジョンを生きる障害をのぞく  】
【障害を除く基準          】
【ヴィジョンを生きる基準      】
【合格を目指す試験勉強術      】
【マインドマップ基礎講座      】
【幸せ基礎講座           】
  発行:BLI&NLPトレーナー 近藤哲生
--------------------------------------------------------------------

  寒中お見舞い申し上げます。
  BLI&NLPトレーナーの近藤です。

  先週末は、NLPの講座を聴講しました。
  名称は「NLP心理セミナー 基礎編」でした。

  その講座はNLPの姿を幅広く体験から参加者に提示する。
  内容は、NLPの前提からニューロ・ロジカル・レベルまで山盛り。
  講師は、ワンネス協会主宰者の松橋良紀さん。
  前職時代からの顔なじみです。

  久しぶりにNLPの世界に触れ、新鮮な感覚を覚えました。
  沢山の閃きがおりてきて本当に楽しい1日でした。

  聴講の目的は、5月から始める認定講座の準備です。
  NLPプラクティショナーコースの構想を練るためです。
  構想は主催者である松橋さんの考えを基調にしていきます。

  認定講座の詳しい案内は下記をご参照ください。
  http://www.nlp-oneness.com/article/13376286.html 

--------------------------------------------------------------------
【今年の目標とは】
--------------------------------------------------------------------

  これまでの活動は、マインドマップ関係の講座が中心でした。

  今年はこれまで培ってきた知見をさらに皆さんに伝えたい。
  そのために活動範囲を広げNLP講座も開くことにしました。

  NLPはマインドマップとともに脳の取り扱い説明書と言われます。
  このメルマガでお伝えした様々なノウハウの背景にしています。

  マインドマップがより効果的になり、
  NLPで自分や周りの人がパフォーマンスを上げられるからです。
  なので、マインドマップを書くときの参照枠としてNLPを導入した。

  今年はワクワクする次の目標設定しました。

  ・NLPプラクティショナー認定コースの講師をする
  ・NLPの観点から効果的な勉強法をテーマにして本を書く
  ・初めてのマインドマップで学ぶ試験勉強術講座を各地で開催する

  来年の今頃は「去年は頑張りつつも楽しかった」と振り返っている。
  そのような未来の歴史・ヴィジョンを今から私も生きていきます。

  では、今回の講座を振り返りから始めましょうか。

--------------------------------------------------------------------
【前回の振り返り】
--------------------------------------------------------------------
 
  前回のテーマは「ヴィジョンヴィジョンを生きる」でした。

  それを生きるために結果を枠組む。
  結果を枠組むとは、現実化の構造を作ることです。
  ヴィジョンを形あるもにするには2つの要素が不可欠。

  1つが時間であり、もう一つが意味でした。

  意味が私たちを動機付け、達成に向けて誘います。
  ヴィジョンを生きる意味を明確にすれば行動が促進されます。

  「時間とは出来事である」との定義を採用しました。
  出来事の連続が時間であり、更に言えば人生そのもの。
  目覚めて眠りにつくまで、様々な出来事の中に私たちはいる。

  その出来事をどれだけ主体的に起こしていくか。
  その度合いで出来事の価値が変わる。

  たとえば、主体性が低ければ、流されたり、やらされたりの連続。
  主体性が高ければ、責任をもち自ら取り組むことが多くなる。
  つまり、主人公として人生とヴィジョンを生きられる。

  人生は選択の連続だから、どう生きるかはもちろんその人次第です。
  だだし、ヴィジョンを生きることは、他力本願ではできない。
  ヴィジョンは誰のものでもなく、その人に固有のもの。
  だから、他人がそれを生きることはできない。

  できる限り、主体性を持って毎日を生きることが基本となる。
  ヴィジョンを生きることは、その人が心から望むこと。
  だから、ヴィジョンを現実化する意味が大切。
  「なぜ、それをするのか」です。

  その意味を視野に入れつつ日々の出来事を構造化する。
  ヴィジョンを保障する目標達成にむけて幾つかの中間目標を決める。
  中間目標の達成をお互いに最終目標の達成に向けて関係づける。
  中間目標の設定と達成を具体的に決めることで、時間の構造化ができる。

  以上、結果を枠組みしたら、大事なことは行動すること。
  あえて言えば、マインドマップを書くことに時間を使っては駄目。
  できることから、小さいことでも良いから、ヴィジョンに向かって動く。

  こうして「目を覚ましてヴィジョンを生きましょう」といいました。
  美しく百枚マインドマップを書くことよりも、1回の行動が百倍美しい。

  私たちの生きる目的はマインドマップを書くことではない。
  あくまで「目を覚まして夢を生きる」ことだからです。

--------------------------------------------------------------------
【ヴィジョンを生きる障害をのぞく】
--------------------------------------------------------------------

  さて、行動する大切さはご案内の通りです。

  そして、行動するときに現れるものが、障害です。
  障害は、抽象的なものではなく、達成をそらす行動として表れます。

  たとえば、目標達成の1つが資格取得だとしましょう。

  そのために試験勉強をすることを決意した。
  時間の構造化をして、毎日2時間の勉強をすると決めた。
  試験勉強術でお話しするように最低でもそれくらいの時間は必要。

  ところが、どうでしょう。

  残業がある。
  付き合いの飲み会がある。
  サービス残業があたり前だ。
  ミーティングに急に招集される。
  ちょっとのテレビにはまってしまう。

  このようにしてやると決めたことの時間が浸食される。
  つまり、本来やりたい出来事が不本意な出来事に取って代わられる。
  これが、一度や二度でなく、定期的に習慣的に訪れる。

  それではたぶん目標達成は不可能です。
  もちろんヴィジョンも生きられない。
  だから、ヴィジョンを生きるために障害を取り除きたい。

  障害を取り除く最初の一歩は、どのような障害があるのかを見ること。
  職場や自宅で自分がどのような出来事を、つまり時間を使っているか。
  それを誠実に真剣に記録を取り、客観的に把握する。

  記録は、次の項目を記述する。
  いつ、どこで、何が(だれが)きっかけで、どんな障害が現れるか。
  その障害は、いつ始まり、いつ終わり、その所要時間はいかほどか。
  障害が1日あたりに使う時間を合計し、その消費時間を認識する。
  その認識があれば、次は障壁を除くことができる。

--------------------------------------------------------------------
【障害を除く基準】
--------------------------------------------------------------------

  どうやって除くか。

  止められることはすぐにでも止めたい。
  止める基準は、重要度と緊急度の二軸で決める。

  重要度は、目標達成に役に立つかどうかの度合いです。
  また、あることをやって得られる報酬の大なら、重要度が大きい。
  報酬が小さいなら、重要度は低い。

  緊急度は、あることの実行を保留にできる時間の長さです。
  保留時間が短ければ、緊急度が高い。
  長ければ、緊急度が低い。

  事例を見てみましょう。

  1.緊急度が大で、重要度も大のもの
  ・企画書や報告書の提出
  ・重要なメールの返信やクレーム対応
  ・プロジェクトの進行や目標売り上げの達成

  2.緊急度が大で、重要度が小のもの
  ・通勤時間
  ・無駄な会議や急な付き合い、サービス残業
  ・テレビ番組

  3.緊急度が小で、重要度が小のもの
  ・飲酒や喫煙
  ・ゲームや私用の携帯メール
  ・無駄話や長電話

  4.緊急度が小で、重要度が大のもの
  ・健康管理
  ・人間関係
  ・知識や技能の修得

--------------------------------------------------------------------
【ヴィジョンを生きる基準】
--------------------------------------------------------------------

  先の1から4の領域で考えてみます。

  すぐに止めるべきものは3です。
  何の考慮もなく止めたい。

  次に、2の領域です。
  テレビ番組はすぐに止める。
  通勤時間は工夫して知識獲得の時間に変える。

  無駄な会議や急な付き合いは可能な限り交渉して避ける。
  付き合いや、職場の雰囲気でやっているサービス残業は止める。

  場所で止めるものを総括してみましょう。
  職場なら、サービス残業や急な会議の招へい、付き合いです。
  家庭なら、だらだらと見ていたテレビをサッサと切り上げる。
  過ぎたるお酒やタバコは、確実に時間を消費しますからやめる。

  止め方はきっかけになるものを捨てる。
  目にしたら、手にしたら、それを飲んだり吸ったりしたくなる。
  そのように強力な学習、つまりアンカリングが成立しているからです。
  だから、アンカリングを抑制するために刺激・トリガーをたつのです。

  お酒なら、自宅にあるものを流しからサッサと捨てる。
  捨てるのがもったいないなら、友人や親戚にあげる。
  タバコなら、そのものからライターまですべて捨てる。
  アレン・カー著「禁煙セラピー」や「禁酒セラピー」が参考になります。

  こうして目標達成に必要な知識や技能の修得に必要な時間が生まれます。
  生まれた時間は、着実に目標の達成に向けて行動に置き換える。
  行動しないと3の領域につい手を出しやすい。
 
  4の領域は先のばしにすると、ある時期から1の領域に転じます。
  そうなってからでは、手の打ちようがなくなる場合が多い。
  だから、緊急度が低いうちから地道に実行する。
  このことはヴィジョンを生きるために、極めて重要なことです。

  なお、感想や質問は気軽にお寄せください。
  連絡先はこちらです。→→→ info@kondotetsuo.com

--------------------------------------------------------------------
【合格を目指す試験勉強術】
--------------------------------------------------------------------
 
  今年の目標は何でしょうか。
  街は新年の活気を見せています。

  その一方、毎日のように暗いニュースが耳に届きますね。
  耳に届くその響きのためか、空気に一段と厳しさを感ませんか。
 
  そのようなことを感じるときはどうでしょう。
  「将来の備えはどうしたら良いのだろう」とつい考える。
  「結局、頼りになるのは自分かな」と考えるのは自然なこと。

  危機的状況になったら、組織は個人を切り捨てるからです。
 
  では、何が頼りになるのでしょうか。
  頼りになる1つのことが資格取得ではないでしょうか。
  組織が自分を守ってくれないご時世ですから、自己防衛をしたい。
  その一端として役に立つのが資格の取得であることは確かなことでは。
 
  ならば資格取得にむけて行動するのは早い方が良くありませんか。
  合格を目指して勉強することを春まで待つ必要はないはず。
 
  さて、今から今年の合格を考える。
  合格をしっかりと目指す試験勉強を始めませんか。
  社労士や建築士の場合、最低でも600時間の勉強時間が必要。
  8月に試験があるなら今からでも毎日3時間程度の時間になります。
 
  もし、今年の夢を叶える1つとして資格取得できたらどうでしょうか。
  ご自分の人生にあらたな可能性が開けるのは確かでしょう。
  その可能性を思い描くと何だかワクワクしてきませんか。

  組織の行く末に左右されない新たな人生が開けますよね。

  さて、資格を取るならどうでしょう。
  どんな試験勉強ができたら今年は良いでしょうか。
  同じ試験勉強をするのなら、効率的に勉強できたら楽しい。
 
  効率的に勉強を進められる戦略・戦術をあなたも学んでみませんか。
  初めてのマインドマップで学ぶ試験勉強術講座が役に立ちます。
  講座内容もどんどん進化していますよ。
  開催は2月11日です。
 
  お申し込みはお急ぎ下さい。
 
  http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/MMshikenbenkyou.html

--------------------------------------------------------------------
【マインドマップ基礎講座】
--------------------------------------------------------------------

  今月から参加料は同じで、時間の枠が1時間拡大となります。

  マインドマップを使って成果を作るコツをもっとお伝えするためです。
  十分にお伝えするために質疑応答の時間として拡大しました。

  そしてマインドマップ基礎講座は構造化に重心を置きます。
  構造化はこれまでに講座の中でも講義で取り上げました。

  では、なぜ構造化に注目するのか。
  夢を叶えるのにはアイディアを形にすることが不可欠。
  そのために構造化が多いに役立つからです。

  それに加えて新鮮な情報を提供します。
  これまで時間の関係でお話ししなかったことです。
  目標設定のコツとそれを表現できるマインドマップの書き方です。

  あなたも基礎講座でアイディアを構造化しませんか。
  そうすれば、来年の今頃は本当に夢が叶うことになる。
  もしそうなるとしたら、なんだかワクワクしてきませんか。

  次回の基礎講座は、2月1日と3月1日、共に日曜日に開催です。
  詳しくは下記をご覧下さい。

  http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/MindMap_Basic/

--------------------------------------------------------------------
【幸せ基礎講座】
--------------------------------------------------------------------
 
  □□□□□ 緊急告知 □□□□□
 
  九州、中国地方にお住まいの方へ。
  2月8日(日)に福岡で【幸せ講座】を開催します。

  タイトルが少し抽象的だったでしょうか。
  でも、実はコミュニケーションがテーマなのです。
  日頃のコミュニケーションにどれくらい満足していますか。

  その満足度はあなたの幸せをどのように左右しているでしょうか。
  私たちが幸せか、そうではないかの多くは周りとの関係が影響します。
  その関係を左右するのは、運命や星の動きではありません(笑)。

  ズバリ、左右しているのはコミュニケーションです。
  コミュニケーションというと、ついテクニックに注目します。
  しかし、大切なのは決してやり方やテクニックではありません。
  もっと深い自分の本質・BEから言葉を発することだからです。

  BEとは、あなたのあり方、人生で求めている状態です。
  その状態は、本来あなたの中にあり、与えることでさらに拡大できます。
  与えることで、周りからも与えられ、あなた自身に戻ってきます。

  人は3つのものを交換する生き物とレビ・ストロースは言いました。
  交換する1つの行為がコミュニケーションなのです。

  自分のBEに基づいて、コミュニケーションをする。
  コミュニケーションを通して、周りにも認められなりたい自分にもなる。
  つまり、自己実現を目指していこうというのが、この講座の主旨です。
  そうして、最終的には自分の側にいる青い鳥をみつける。

  ・日頃の人間関係のなかでコミュニケーションを深めたい
  ・あの人と心が通った対話がして、暖かい関係をつくりたい
  ・自分の思いを周りに伝えて、自分のことをもっと分かって欲しい

  そのようにコミュニケーションの課題を解消できる。
  その結果、自分も周りもホッコリとした幸せを感じられる。

  コミュニケーションを深めて自分の幸せを広げたい方に向けた講座です。
  詳しくは、下記からご覧ください。

  http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/happiness.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※発行人:BLI(ブザン公認インストラクター)
      NLP(神経言語プログラミング)トレーナー 近藤哲生
※近藤哲生のサイト: http://www.kondotetsuo.com/
??????????? 連絡先: http://www.kondotetsuo.com/tokusyouhou.html?
※バックナンバー : http://www.kondotetsuo.com/mailmag/index.html
※近藤哲生のブログ: http://blog.kondotetsuo.com/mt/
※E-Mail  ???? : info@kondotetsuo.com
※まくまぐID 0000266615
※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
  ただし、無断転載は厳禁です。出所を必ず明記して下さい。
  
--------------------------------------------------------------------
■広告や記事中でご紹介している商品・サービスに関してのトラブル等に
  ついて当方では一切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断下さい。
■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。こちらから可能です。
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000266615.htm
 
--------------------------------------------------------------------
☆近藤哲生のプロフィールはこちら
  http://www.kondotetsuo.com/profile.html
 
--------------------------------------------------------------------
※マインドマップRおよびMind MapRは英国Buzan Organization Ltd.の登録
  商標です。日本国内では、ブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社が
  マインドマップの商標権を含む知的財産権の利用を正式に許可された唯一
  の団体です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              

メルマガ登録・解除

まぐまぐから無料のメルマガを発行しています。

 

就職・転職・仕事目標達成をして夢を叶える思考法・勉強術・コミュニケーションのノウハウを、NLPマインドマップの視点から学べるメルマガ脳トレ講座です。NLPトレーナーでブザン公認マインドマップインストラクターの近藤哲生がお届けします。

 

メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

 

NLPとマインドマップの情報発信をする近藤のブログ

Blog_Kondo