マインドマップでデメリットを探求してやる気を出せます

>サイトマップ

初めまして、BLI&NLPトレーナーの近藤哲生です。

今回のマインドマップ成功法のテーマは前回に続いてやる気を出すことです。

やる気を出すのに敢えてデメリットを探求するマインドマップを書く方法をご案内します。

◆●◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□▼□【マインドマップ成功法】A4一枚で夢が叶う脳トレ講座
◆□◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┗━━【第40号】━2009.03.04:デメリットからやる気を出す

--------------------------------------------------------------------
  ====== 目 次 ======

【近況のご報告           】
【前回の振り返り          】
【やる気に関する2つのタイプ    】
【デメリットを探求してやる気を出す 】
【資格取得に必要な時間は600時間 】
【合格を目指す試験勉強術講座    】
【マインドマップ基礎講座      】
【頭が良くなるDVD        】

  発行:BLI&NLPトレーナー 近藤哲生
--------------------------------------------------------------------

  こんにちは。
  BLI&NLPトレーナーの近藤です。

  先週末から週明けまで、最終原稿を書いていました。
  原稿は、合格を目指す試験勉強術を本にするためです。
  最終原稿ですから、後書きを書いていていたのです。

  後書きですから、これまでのことをあれこれ振り返っていました。
  試験勉強術の講座の成り立ちや書籍化の企画、講座開催など様々です。
  本を出すことは、実に多くのことの積み重ねがあったのだと思いました。

  また、本を書き進めるだけでなく、講座をさらに良いものにする。
  そのためにも、講座にご参加の方々の意見や感想が実に役立ちました。

  講座にご参加くださった皆さんにここで感謝を申し上げます。
 
  後書きを書くと「ひと仕事が終わった」感慨深いものがありました。
  これから校正を何回か経て、本が書店に並ぶことになるでしょう。
  皆さんが拙著を手に取って読んでくださることを楽しみにしています。

  出版予定が、決まり次第に正式にお知らせします。
  では、始めましょうか。

--------------------------------------------------------------------
【前回の振り返り】
--------------------------------------------------------------------
 
  前回のテーマは、「やる気をだせるイメージ法」でした。

  やる気に関して皆さんはどのようにお考えでしょうか。
  勉強や仕事、家事をするにも、誰でもがやる気は欲しいのものです。
  ところが、いざやる気を出そうとすると、やる気が出ないのが現実です。

  その現実は、やる気が下がるパターンに由来します。
  そのパターンの中から3つのイメージをご紹介しました。
  イメージは現実と同様に脳に働いて色々な作用を及ぼします。
  やる気が下がるようなイメージを持つからやる気が下がるのです。

  どんなイメージでやる気が下がるのか。
  それは、3つありました。

  失敗や上手くいかないイメージを思い描く。
  心のなかで自分を叱りつける親や先生や上司の声をイメージする。
  まともやチャントや完璧に物事をやろう、とできもしないことを考える。

  他にもあるやる気を下げるパターンの中から、その3つを紹介しました。
  やる気を下げるイメージに気付いて、そのイメージを書き換える。
  やる気が出てくるイメージを思い描く。
  それを前回に紹介しました。

  ところが、それについて仲間の意見が耳に入りました。
  それは、「マイナスのことを考えて、やる気が出る人もいる」です。
  なるほど、それは確かなことです。

  実は、そこに触れると話しが長くなるので、実際に省略していました。
  その省略したことを今回はお伝えしましょう。

  それがやる気に関する潜在意識の癖です。

--------------------------------------------------------------------
【やる気に関する2つのタイプ】
--------------------------------------------------------------------

  その癖は、2つのタイプがあります。

  これをやるとこんなこんな良いことが手に入る。
  これをやるとこんな嫌なことを避けることができる。
  と言うようにそれぞれが違った方向でやる気を出すのです。
 
  マイナスのイメージをつい持ってしまう人が後のタイプです。
  嫌なこととは、つまりマイナスやデメリットです。
  それを避けるために行動を起こすのです。
  ただ、否定的な気分も感じてしまって、つい腰が重たくなりがちです。

  否定的な気分が最高潮に達すると、我慢しきれずやっと動きます。
  動き出すまでに、かなりの時間が必要で時間がもったいない。
  こうしてやっと、やる気が出る人がいるのも事実です。
  このことは前回に少し触れました。

  もしや、ここまでお読みになったあなたもそうかもしれません。

  でも、それが決して悪いわけではありません。
  それはそれで工夫すれば、うまく使うことが可能です。

  それには、徹底的にデメリットを短時間で考える。
  すると、デメリットを避けようとする仕組みが動き出すのです。
  確かに嫌な気分も感じますが、やる気がもちろん出てきます。

  つまり、今まで無意識に時間をかけてやっていたことを、
  意識して短時間で効率的にやる工夫をします。
 
  そのためにマインドマップが使えます。

--------------------------------------------------------------------
【デメリットを探求してやる気を出す】
--------------------------------------------------------------------

  やりたいと思ってやらずに済ませている事は何でしょうか。
  例えば、職場や家庭において1つ考えてみましょう。

  それを、仮に○○としましょう。
  ○○は、仕事や家事や勉強などの言葉が入ります。

  ○○をしないデメリットを次の要領でマインドマップに書きます。
  短時間に書き上げるために、セントラルイメージは簡略化します。
  楕円を書いた中に「○○しないデメリット」と書き込みます。

  それを具体的に考えるために6つの言葉を使います。
  それが過去、未来、心身、能力、関係、分野です。
  これらの言葉をメインブランチの上に書きます。

  メインブランチをセントラルイメージから次の要領で伸ばします。
  伸ばす方向を時計の針が指す時刻でこれからご案内します。
  その上に「○○しないデメリット」を具体的に考える言葉を書きます。

  11時方向に伸ばし、その上に「過去」と書きます。
  過去は、子どもや学生時代や社会人になった時のことです。
  過去から先に枝を伸ばして、思い出したデメリットを書きます。

  1時方向に伸ばし、その上に「未来」と書きます。
  未来は、数週間や数ヶ月や数年間といった将来です。
  未来から先に枝を伸ばして、想像や連想したことを書きます。
  「○○しないデメリット」としてどんなことがありそうですか。

  3時方向に伸ばし、その上に「心身」と書きます。
  心身は、思考や感情や身体に関してのことです。
  心身から先に枝を伸ばして、以下は同じです。

  5時方向に伸ばし、その上に「能力」と書きます。
  能力は、仕事や対人や学習に関してのことです。
  能力から先に枝を伸ばして、以下は同じです。

  7時方向に伸ばし、その上に「関係」と書きます。
  関係は、職場や家庭や交友に関してのことです。
  関係から先に枝を伸ばして、以下は同じです。

  9時方向に伸ばし、その上に「分野」と書きます。
  分野は、健康や経済や自己表現に関してのことです。
  分野から先に枝を伸ばして、以下は同じです。

  こうしてどんどん書き進めます。
  書き上げたら全体を見渡してみましょう。

  しないことによるデメリットの多さを一望俯瞰できます。
  そして、「こんなことになったら嫌だ」とも実感するでしょう。
  そのデメリットを避けるために嫌でもやる気が起きることでしょう。

  今回は皆さんがすぐに取り組めるようにテンプレートを用意しました。
  テンプレートにある末端の枝からさらに枝を伸ばすのも良いですね。
  テンプレートはpdfファイルで下記からダウンロードできます。

  ダウンロードしたら印刷してお使い下さい。
  テンプレートのご提供は3月10日で終わりです。

  http://www.kondotetsuo.com/mailmag/backnumber/mailmag0304.pdf

  先のばしにしている仕事や家事もさることながら、
  試験勉強がなかなか手につかない場合もやってみて下さい。

  その場合に【 】の中には「合格」と書きます。

--------------------------------------------------------------------
【資格取得に必要な時間は600時間】
--------------------------------------------------------------------
 
  この不況下、生活防衛をしていますか。

  タンス貯金や家計の節約ができそうです。
  でも、効果をあまり期待できないようです。
  給与や賞与が、これから上がることはなさそうだからです。

  他には、何ができるでしょうか。
  例えば、就職や転職や独立の準備ができます。
  組織も決して盤石ではないので、何か備えをしたい。

  その1つが資格取得ではないでしょうか。
  資格があれば組織にいても有利な立場を取れます。

  すでに資格試験の勉強をお始めになっていますか。
  お始めになっているならその調子でお続けください。

  まだ勉強を始めていないなら、それはまずい状況です。
  今のペースではたぶん資格に手が届きません。
  たぶん残念なことになりそうです。

  その理由はこうです。
  合格を目指せる試験勉強術をするには、時間が必要です。
  必要な時間は、社労士や一級建築士の場合、最低でも600時間です。

  もし8月末に試験があるとしましょう。
  では、3月から始めると、どうなるでしょうか。
  お盆までに合格できるように試験勉強を仕上げるとします。

  使える月数は残り約5.5ヶ月です。
  月を30日とすると、165日しかありません。
  時々の付き合いや、不測の事態を考えるとどうでしょう。

  例えば、年度末で忙しくもなるでしょう。
  年度が明けたら新人の指導で時間も取られる。
  場合によっては、配置転換で新しいことが始まる。
  新しい人間関係をつくるために飲み会なども断りにくい。

  勉強に使える日数は、150日くらいでしょうか。
  すると1日あたりの勉強時間は最低でも4時間です。
  そのような勉強時間に目を丸くされたかもしれませんね。
  以上は、合格を目指す試験勉強術を実践するならの話でした。

  だから、勉強が進んでいなかったら、かなりまずい状況なのです。

--------------------------------------------------------------------
【合格を目指す試験勉強術講座】
--------------------------------------------------------------------

  でも、合格を諦めるのは早すぎます。

  今からばん回できたらどうでしょうか。
  生活防衛のためにも資格を取得できたら良いですよね。

  ご自分の人生にあらたな可能性が開けるのは、確かではありませんか。
  合格後の可能性を思い描くと、何だかワクワクするものです。
  不況に左右されない新たな人生が開けるからです。

  さて、資格を取るならどうでしょう。
  どんな試験勉強ができたら良いでしょうか。

  同じ試験勉強をするのなら、効率的に勉強できたら楽しい。
  誘惑に負けず、やる気に満ちて継続的に勉強できたらどうでしょう。
  ぐずぐずではなく、高いモチベーションで勉強できたら良いですよね。
  そして、念願の資格証を手に入れて、満面の笑みをたたえた自分になる。
 
  効率的に勉強を進められる戦略・戦術が合格には必須です。
  やる気を出せるイメージトレーニング法が試験勉強に役立ちます。
  それを、初めてのマインドマップで学ぶ試験勉強術講座で学びませんか。
  本講座であなたもサクサクと楽に勉強できるようになります。
 
  次の開催は3月20日です。
  出版前の最後の開催になります。
  4月以降は2日の講座にする予定です。
  よって、参加費は値上げしたいと考えています。
 
  満席になり次第に申し込みを締め切ります。
  お申し込みはお急ぎ下さい。
 
  http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/MMshikenbenkyou.html

--------------------------------------------------------------------
【マインドマップ基礎講座】
--------------------------------------------------------------------

  マインドマップ基礎講座のご案内です。

  今月から参加料は同じで、時間の枠が1時間拡大となります。
  マインドマップを使って成果を作るコツをもっとお伝えするためです。
  十分にお伝えするために質疑応答の時間として拡大しました。

  近藤のマインドマップ基礎講座は、構造化を大切にしています。
  構造化はこれまでに講座の中でも講義で取り上げました。

  では、なぜ構造化に注目するのか。

  夢を叶えるのにはアイディアを整理して企画や目標にする。
  そのために構造化が多いに役立つからです。

  それに加えて新鮮な情報を提供します。
  それは、時間の関係でお話ししなかったことです。
  目標設定のコツとそれを表現できるマインドマップの書き方です。

  基礎講座で夢のアイディアを構造化しませんか。
  そうすれば、来年の今頃は本当に夢が叶うことになる。
  もしそうなるとしたら、なんだかワクワクしてきませんか。

  NLPトレーナーの近藤がリードする講座に参加なさいませんか。
  次回の基礎講座は、3月8日(日曜)に開催です。
  詳しくは下記をご覧下さい。

  http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/MindMap_Basic/

--------------------------------------------------------------------
【頭が良くなるDVD】
--------------------------------------------------------------------
 
  昨年に近藤が当別出演した脳トレDVDのお知らせです。
  3月5日までお得な特別キャンペーン中です。
  キャンペーンの内容は見てのお楽しみ。

  脳トレや勉強法に興味のある方はご覧ください。

  http://blog.kondotetsuo.com/mt/2009/02/post-87.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※発行人:BLI(ブザン公認インストラクター)
      NLP(神経言語プログラミング)トレーナー 近藤哲生
※近藤哲生のサイト: http://www.kondotetsuo.com/
??????????? 連絡先: http://www.kondotetsuo.com/tokusyouhou.html?
※バックナンバー : http://www.kondotetsuo.com/mailmag/index.html
※近藤哲生のブログ: http://blog.kondotetsuo.com/mt/
※E-Mail  ???? : info@kondotetsuo.com
※まくまぐID 0000266615
※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
  ただし、無断転載は厳禁です。出所を必ず明記して下さい。
  
--------------------------------------------------------------------
■広告や記事中でご紹介している商品・サービスに関してのトラブル等に
  ついて当方では一切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断下さい。
■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。こちらから可能です。
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000266615.htm
 
--------------------------------------------------------------------
☆近藤哲生のプロフィールはこちら
  http://www.kondotetsuo.com/profile.html
 
--------------------------------------------------------------------
※マインドマップRおよびMind MapRは英国Buzan Organization Ltd.の登録
  商標です。日本国内では、ブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社が
  マインドマップの商標権を含む知的財産権の利用を正式に許可された唯一
  の団体です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ登録・解除

まぐまぐから無料のメルマガを発行しています。

 

就職・転職・仕事目標達成をして夢を叶える思考法・勉強術・コミュニケーションのノウハウを、NLPマインドマップの視点から学べるメルマガ脳トレ講座です。NLPトレーナーでブザン公認マインドマップインストラクターの近藤哲生がお届けします。

 

メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

 

NLPとマインドマップの情報発信をする近藤のブログ

Blog_Kondo