マインドマップで目的を探求してやる気を出せます

>サイトマップ

初めまして、BLI&NLPトレーナーの近藤哲生です。

今回のマインドマップ成功法のテーマは前回に続いてやる気を出すことです。

やる気を出すのに目的を探求するマインドマップを書く方法をご案内します。

┏━━【第42号】━2009.03.18:目的を探求してやる気を出す
◆●◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□▼□【マインドマップ成功法】A4一枚で夢が叶う脳トレ講座
◆□◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

--------------------------------------------------------------------
  ====== 目 次 ======

【近況のご報告           】
【前回の振り返り          】
【メリットと大きな目的の違い    】
【目的をマインドマップで探求する  】
【目的を確認できればやる気がでる  】
【不況だからこそ試験勉強をする   】
【合格を目指す試験勉強術講座    】
【マインドマップ基礎講座      】

  発行:BLI&NLPトレーナー 近藤哲生
--------------------------------------------------------------------

  こんにちは。
  BLI&NLPトレーナーの近藤です。

  今週になってめっきり暖かくなりましたね。
  九州や四国からは、もう桜の便りが聞こえてきます。

  皆さんがお住まいのところでは、いかがでしょうか。
  関東は、この二三日で開花しそうな暖かさです。
  今年はどんなお花見をしたいでしょうか。



  先週末にひと波乱がありました。

  前々回にお話ししたように、本の執筆が終わったはずでした。
  ところが、挿し絵や図表が手つかずになっていたのです。

  中でもマインドマップの事例を書いて欲しいと、
  出版社から作成の要望がでました。
  対処を共著者とミーティング。

  2つのことを決めました。
  通常の挿し絵は出版社に用意していただく。
  そして、マインドマップの事例は各人が分担する。

  作成はiMindMap、マインドマップの作成ソフトを使用しました。

  4月中旬に発行予定の書籍は、
  マインドマップの実習を提示しています。
  だから、その事例をつくる必要があった訳です。

  それをうっかり失念していました。
  最後の詰めって大事ですね。

  これで書籍の原稿は全て整いました。
  今週末は試験勉強術とNLPの講座に登壇します。

  それと並行して校正を進めていくことになりそうです。
  だから、時間的にタイトでエキサイティングな週末です。
  どんなゲラが上がってくるのか、それを楽しみにしています。



  さて、年度末となる色々と仕事が増えるものです。
  もちろん、新年度が始まるとさらにやることも増えるでしょう。

  だから、やる気・モチベーションは大事ですよね。

  そうでなくても、モチベーションがあるに超したことはない。
  自宅でも、掃除や洗濯、炊事とやることは山ほどあります。

  だから、今回もやる気にかかわることを取り扱いましょう。

--------------------------------------------------------------------
【前回の振り返り】
--------------------------------------------------------------------

  前回はあることに関するメリットを確認しました。
  そうすることで、やる気を出すことを探求しましたね。

  その方法は潜在意識にあるやる気の仕組みに基づいていました。



  やる気を出す仕組みは人によって違う。
  ある人は、デメリットを避けようとやる気ができる。
  ある人は、メリットを手に入れようと向かっていくようにやる気を出す。

  それは潜在意識がもつやる気に関する傾向です。
  その様な傾向の総体をNLPは、メタプログラムと呼びます。
  メタプログラムの1つに「避ける」と「向かっていく」の1対がある。



  その仕組みを、マインドマップを書くことで駆動させる。
  そのための実習をご提案していたのです。

  取り組まれていかがでしたか。
  マインドマップを書いているうちにやる気になった。
  「こんなこと書いているより、早くやりたい」と思った。

  もし、そうなら前回のやり方も効果を発揮したのでしょう。
  デメリットとメリットとのマインドマップを書き比べてどうでしたか。



  前者と後者は、どちらが自分のやる気をかき立ててくれたでしょうか。
  どちらにしてもそれは、自分がやる気になる仕組みです。

  上手につきあっていけたら良いです。

--------------------------------------------------------------------
【メリットと目的の違い】
--------------------------------------------------------------------

  さて、今回は前回のことをさらに掘り下げていきましょうか。
  「あることをする」目的を探求しましょう。

  あることをやる理由は、メリットを手に入れるためですね。
  メリットは、お金や情報や注目など、自分が望むものですね。

  さて、メリットと目的はどう違うのか。
  確かに、メリットと目的は同じと見みられます。
  しかし、ここでの目的はメリットを超えるものを考えます。

  換言すれば、お金や情報などを手に入れたい訳は何か。
  手に入れたものを使ってさらに何が欲しいのか。
  それを目的と先に呼んだのです。

  その目的を今回は考えてみたいのです。



  仮の話しです。
  何かを達成したとしましょう。

  そして望み取りにお金が手に入った。
  加えて、異性にもてまくったとしましょう。
  それを飽きるまで昼夜分かたず、楽しんだとしましょう。

  さてどうでしょうか。
  早ければ一週間で充分でしょうか。
  長くてもひと月でそれにも飽きるでしょうか。

  あることをやったメリットをそのように充分に享受した。
  そのあとに、何かの達成を通して本当にやりたいことは何か。

  その答えが、メリットを超える目的です。

--------------------------------------------------------------------
【目的をマインドマップで探求する】
--------------------------------------------------------------------

  さて、やりたいと思ってやらずに済ませている事は何でしょうか。

  例えば、職場や家庭において1つ考えてみましょう。
  大事なことなのに先のばしにしているようなものです。

  それを、仮に○○としましょう。
  ○○は、例えば仕事や勉強などです。

  ○○をする大きな目的を次の要領でマインドマップに書きます。
  短時間に書き上げるために、セントラルイメージは簡略化します。
  楕円を書いた中に「目的」と書き込みます。

  それを具体的に考えるために5つの言葉を使います。
  それが、「大きな」「未来」「貢献」「意味」「さらなる」です。
  これらの言葉をメインブランチの上に書きます。

  つまり5つのBOIを書くのです。
  もちろん思いつくなら、他の言葉から初めても良いのですよ。

  メインブランチをセントラルイメージから次の要領で伸ばします。
  ブランチを伸ばす方向を時計の針が指す時刻でこれからご案内します。
  12時をさす針が自分の真正面を指す方向をこれらの基準にします。

  11時方向にメインブランチを伸ばします。
  その上に「大きな」と書きます。
  「大きな」は、あることをする「大きな目的」を表します。
  枝を伸ばして、仕事や地域や世界にかかわる目的を考えてみましょう。

  1時方向に伸ばし、その上に「未来」と書きます。
  未来は、数週間や数ヶ月や数年間といった将来です。
  未来の枝から先に枝を伸ばしていきましょう。
  その時点で達成したいことを書きましょう。
  「○○する目的」として、どんな未来に、どんな目的がありそうですか。

  3時方向に伸ばし、その上に「貢献」と書きます。
  「○○する目的」は、どこでどんな貢献になるのでしょう。
  枝を伸ばして、家庭や職場や社会に対する貢献をかいてみましょう。

  5時方向に伸ばし、その上に「意味」と書きます。
  意味は、仕事や人間関係や学習に関してのことです。
  あることを成す目的が持つ意味を考えましょう。
  意味から先に枝を伸ばして、以下は同じです。

  7時方向に伸ばし、その上に「さらなる」と書きます。
  さらなるは、ある目的を達成した先のことをです。
  さらにどのような目的を達成したいのか。
  さらなるの枝から枝を伸ばして、以下は同じです。

--------------------------------------------------------------------
【目的を確認できればやる気がでる】
--------------------------------------------------------------------

  書き上げたら全体を見渡してみましょう。

  することの様々な目的を確認できるはずです。
  「こんな大きな目的につながるのか」と実感するでしょう。

  その目的を達成できたらと考えるとどうでしょうか。
  自然とやる気が起きるのではありませんか。



  何かやろうとするとことの意味は常に背景で変わります。
  例えば、以下のような例です。
    A
  12、13、14
    C
 
  12と14の間にあると見ると数字の意味が見えてきます。
  AとCの間にあるとすると英字の意味もくみ取れます。

  このように物事は背景によって意味を変えます。



  あることをやる目的を多角的な背景から探求する。
  そうすると、自分にとって大切な意味を見つけられる。

  意味があることには自然とやる気もでます。
  だから、今回は○○することの目的を探りました。

  先のばしにしている仕事や勉強もあるかもしれませんね。
  また、試験勉強がなかなか手につかない場合もあるでしょうか。
  そのような場合は、目的の探求をやってみませんか。

  無意味に思えていた過去問の繰り返しが違った意味を帯びてきます。
  勉強する目的が見えてくるとやる気も出てくるのもです。

--------------------------------------------------------------------
【不況だからこそ試験勉強をする】
--------------------------------------------------------------------
 
  面白い話しを聞きました。

  不況になると、三院が栄えるそうです。
  三院とは、病院、美容院、学院、とのことでした。

  不況になると心が沈み体調も変調をきたす。
  だから、病院は人で混む。

  不況であっても綺麗になっていたいのが女心。
  だから、美容院も栄えると言うのです。

  不況になると将来に備えて勉強したい人が増える。
  だから、○○学院といった、社会人向けの学校が繁栄する。

  なるほど、と思った話しでした。
  さて、皆さんは将来の準備としてどんな勉強をしたいでしょうか。


 
  ご存じのように不況です。
  大企業も決して安泰ではあり得ない。

  だから、将来にむけて万全の準備を進めたいものです。
  準備が進めば、逆に今の状況をチャンスに変えることもできます。

  準備の1つとして資格があればチャンスを増やすことになります。
  そのために資格試験の勉強は、もうお始めになっていますか。

  まだ勉強を始めていないなら、大事な情報を続いてご提供します。
  今のペースではたぶん今年は資格に手が届きません。



  その理由はこうです。
  合格を目指せる試験勉強術をするには、やはり時間が必要です。
  必要な時間は、社労士や一級建築士の場合、最低でも600時間です。

  もし8月末に試験があるとしましょう。
  では、3月から始めると、どうなるでしょうか。
  お盆までに合格できるように試験勉強を仕上げるとします。

  使える月数は残り約5.5ヶ月です。
  月を30日とすると、165日しかありません。
  時々の付き合いや、不測の事態を考えるとどうでしょう。

  これから年度末で忙しくもなるでしょう。
  年度が明けたら新人の指導で時間も取られる。
  場合によっては、配置転換で新しいことが始まる。
  新しい人間関係をつくるために飲み会なども断りにくい。

  勉強に使える日数は、結局150日くらいでしょうか。
  すると1日あたりの勉強時間は最低でも4時間です。



  そのような勉強時間に目を丸くされたかもしれませんね。
  以上は、合格を目指す試験勉強術を実践するならの話でした。

  だから、資格試験の勉強が進んでいなとしたらどうか。
  合格を目指すことが、かなり厳しい状況なのです。

--------------------------------------------------------------------
【合格を目指す試験勉強術講座】
--------------------------------------------------------------------

  でも、合格を諦めるのは早すぎます。

  今から遅れをばん回できたらどうでしょうか。
  ばん回できて、夢の資格を取得できたら良いですよね。

  ご自分の人生に新たな可能性が開けるのは、確かではありませんか。
  合格後の可能性を思い描くと、何だかワクワクするものです。
  今の逆境を機会にできる新たな人生が開けるからです。



  さて、資格を取るならどうでしょう。
  どんな試験勉強ができたら良いでしょうか。

  同じ試験勉強をするのなら、効率的に勉強できたら楽しい。
  誘惑に負けず、やる気に満ちて継続的に勉強できたらどうでしょう。
  今年の年末は望みの資格を手に入れて、笑顔でクリスマスを迎えられる。

  そうなったら良いですよね。
  どうですか。


 
  効率的に勉強を進められる戦略・戦術が合格には必須です。
  やる気を出せるセルフマネジメントが不可欠です。
  その3つを学べるまたとない機会があります。

  それが、「初めてのマインドマップで学ぶ試験勉強術講座」です。
  本講座であなたもサクサクと楽しく勉強できるようになります。
 
  次の開催は3月20日です。
  出版前の最後の開催になります。
  4月以降は2日の講座にする予定です。
  よって、参加費は値上げしたいと考えています。
 
  満席になり次第に申し込みを締め切ります。
  お申し込みはお急ぎください。
 
  http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/MMshikenbenkyou.html

--------------------------------------------------------------------
【マインドマップ基礎講座】
--------------------------------------------------------------------

  マインドマップ基礎講座のご案内です。

  今月も参加料は同じで、時間の枠が1時間拡大となります。
  ノウハウを十分にお伝えするために質疑応答の時間として拡大しました。



  近藤哲生のマインドマップ基礎講座は、構造化を大切にしています。
  構造化はこれまでに講座の中でも講義で取り上げていました。

  では、なぜ構造化に注目するのか。
  丈夫な建物は柱や梁、床など堅固な構造を持つ。



  夢を叶えるのには、アイディアを整理して企画や目標にする。
  丈夫な建物を建てるのと同様に夢実現に構造化が多いに役立つからです。

  基礎講座であなたのアイディアを構造化しませんか。
  そうすれば、来年の今頃は本当に夢が叶うかもしれない。
  もしそうなるとしたら、何だかワクワクしてきませんか。

  次回の基礎講座は、4月19日と5月17日とです。
  共に休みを取りやすい日曜に開催です。
  詳しくは下記をご覧ください。

  http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/MindMap_Basic/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※発行人:BLI(ブザン公認インストラクター)
      NLP(神経言語プログラミング)トレーナー 近藤哲生
※近藤哲生のサイト: http://www.kondotetsuo.com/
??????????? 連絡先: http://www.kondotetsuo.com/tokusyouhou.html?
※バックナンバー : http://www.kondotetsuo.com/mailmag/index.html
※近藤哲生のブログ: http://blog.kondotetsuo.com/mt/
※E-Mail  ???? : info@kondotetsuo.com
※まくまぐID 0000266615
※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
  ただし、無断転載は厳禁です。出所を必ず明記してください。
  
--------------------------------------------------------------------
■広告や記事中でご紹介している商品・サービスに関してのトラブル等に
  ついて当方では一切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断ください。
■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。こちらから可能です。
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000266615.htm
 
--------------------------------------------------------------------
☆近藤哲生のプロフィールはこちら
  http://www.kondotetsuo.com/profile.html
 
--------------------------------------------------------------------
※マインドマップRおよびMind MapRは英国Buzan Organization Ltd.の登録
  商標です。日本国内では、ブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社が
  マインドマップの商標権を含む知的財産権の利用を正式に許可された唯一
  の団体です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               

メルマガ登録・解除

まぐまぐから無料のメルマガを発行しています。

 

就職・転職・仕事目標達成をして夢を叶える思考法・勉強術・コミュニケーションのノウハウを、NLPマインドマップの視点から学べるメルマガ脳トレ講座です。NLPトレーナーでブザン公認マインドマップインストラクターの近藤哲生がお届けします。

 

メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

 

NLPとマインドマップの情報発信をする近藤のブログ

Blog_Kondo