マインドマップの書き方は記憶力や創造力をもっと強化できる

マインドマップが持つ脳力開発法としての魅力

HOME > マインドマップ > 関連情報 >

マインドマップの魅力は何でしょうか。

書くこと自体が楽しいことが魅力であることは確かなことです。それ以上の魅力はマインドマップを書くことが楽しいことに加えて脳力開発法になることです。

脳力開発法となるのはマインドマップと脳との関係から来ています。マインドマップの書き方は放射状に思考を広げる脳に自然なために、脳に極めて高い親和性を発揮します。楽しさがあり、脳の力であるメンタルリテラシーを強化します。

直線的で画一的なこれまでのノート術のは私たちの脳に取って極めて制約できなのです。なぜならば脳が自然に無理なくそしてその能力を発揮している時の思考形態は決して直線的ではないからです。

ここで日常の皆さんを振り返ってみてください。

例えば文章を考えているときです。まさに左から右へ、上から下へと直線的に筆を進めながら、考えをまとめようとするとき、何が起こるでしょうか。

ふと違うことを考え始めたり、注意散漫にならないでしょうか。

そうなるのは理由があります。その理由が従来のノートの直線性です。脳は決して直線的に考えを進めているわけではありません。

1つのイメージを捉えると次々にまるで花火が広がるように、放射状にその形態を広げていく放射思考なのです。だから、直線的に考えをまとめようとすると本来の脳力が制約されるのです。

その制約を解除するのがマインドマップです。マインドマップは放射状に広がる思考を紙面に写し取るように書き進めることができます。極めて脳に親和性の高い思考の記述法なのです。

そしてその記述法を定型化したものがマインドマップの7つのルールです。7つのルールは記憶力を強化できる連想と想像のポイントを自然に取り入れたものになっているために、書いているだけで記憶力も向上するのです。

それだけではなく年代にも不可欠な創造力や決断力、発想力、表現力、分析力、計画力など脳力も無理なく自然に強化できるのです。

マインドマップが脳に効果的なわけ

マインドマップの効果性は、天才たちの頭の使い方に由来しています。その1人がアインシュタインです。かれは白昼夢のかなで想像したことを、数式で捉え言語にして世に「相対性理論」として発表しています。

その過程を見ると、白昼夢や想像は右脳優位の働きと、数式や言語は左脳優位な働きと、つまり右脳と左脳とを使い偉業をなしえたのです。いわば脳全体を使って天才たり得たのです。

また「天才的な創造力と発想力」を持っていたレオナルド・ダ・ビンチは独特のノート法を習慣にしていました。その習慣は同じ紙面に絵や形など右脳優位の要素と言葉や数字など左脳優位の要素を書きならべることでした。ここでも天才は脳全体を使うことが見えてきます。

天才たちに見て取れる脳全体をつかう習慣を年齢に関係なく誰でもが身につけられるように工夫したものが、トニー・ブザンが天才達を研究して創った画期的なノートの取り方であるインドマップです。

マインドマップは、脳の機能を最大限に引き出していた天才たちの知恵や技法をベースにした頭の使い方です。

こちらから、マインドマップの神髄を一日で学べるマインドマップ基礎講座へ。