マインドマップの創始者トニー・ブザン氏のご紹介

マインドマップ®の考案者トニーブザンとは

HOME > マインドマップ > 関連情報 >

マインドマップの発明者トニー・ブザン氏

「7つの習慣」のスティーブン・R・コヴィーに並ぶ知の居所であり、脳と学習に関する研究の世界的な権威者のひとりです。また、頭脳協会の会長、「ブレイン・トラスト」および「ブレイン・クラブ」の創設者、「メンタルリテラシー」の概念の生みの親です。

1942年、英国、ロンドンに生まれ。
1964年、心理学、英語、数学、一般科学の最優秀生としてブリティッシュ・コロンビア大学を卒業しました。1966年、ロンドンのフリート街のデイリー・テレグラフ社に勤務するかたわら、MENSA(高IQ協会)の国際機関誌の編集に携わっています。

トニー・ブザンは世界的な著作家

彼の著書はこれまでに30の言語、世界100カ国、で出版されています。BBCブックスから出版された『頭がよくなる本』(東京図書、佐藤哲・田中美樹訳)は、総売り上げ100万部を超え、国際企業や大学のテキストとして採用されている。新しい出版社ソースン(Thorson)からは、人間に備わる10の知性について著した『自分を天才だと思える本』が出版されています。その他国内では、『ザ・マインドマップ」や『頭の自己変革』、『頭の取扱説明書』が出版されています。

『useYourHead』シリーズ(BBCテレビ)、『OpenMind(オープンマイ ンド)』シリーズ(ITV)、『EnchantedLoom(エンチャンティツド・ルーム)』 (脳を探る1時間のドキュメンタリー)や数多くのトークショーなど、多数 の衛星放送、テレビ、ビデオ、ラジオの番組で司会、共同制作などを行い、 国際的なメディア・スターとなっています。最新作は、ビジネスの現場でマイ ンドマップを使う方法を解説した『マインドパワー』(BBCビデオ)と、家 族全員の脳力を高める方法を解説した『ファミリー・ジーニアス』である。『マ インドパワー』は賞をとり、『ファミリー・ジーニアス』では、『マインドセッ ト』シリーズの原理がすべてまとめられています。

トニー・ブザンは世界的な活動家

また、政府機関や多国籍企業(BP、バークレイズ銀行、ディジタル・イ クイップメント、エレクトロニック・データ・システムズ、ゼネラルモーター ズ、IBM、マネージメントセンター・ヨーロッパ、ウォルト・ディズニー) のアドバイザーを務め、国際的な主要企業、大学、学枚で定期的に講演を行っています。2000年には、英国、シンガポール、メキシコ、パーレン、クウェー トなどの湾岸諸国、リヒテンシュタイン公国などの政府および政府機関で主要な教育構想に着手しています。

青年社長の会(Young? Presidents,Organization)の会員たちの間では、彼は「ミスター・ブレイン」と呼ばれています。「世界頭脳選手権」、「マインド・スポーツ・オリンピアード」、「頭脳オリンピック」などをスタートさせたのも彼です。彼の活動の多くは、学習障害のある人々を助けるために行われています。また彼は世界で最高の「創造的IQ」を持ちます。

トニー・ブザンは各種オリンピックのアドバイザー

国際オリンピックのコーチや選手、英国オリンピック・ボート・チーム、英国オリンピック・チェス・チームのアドバイザーも務めています。また、国際心理学委員会(International Council of Psychologists)の選ばれた会員、トレーニング開発協会(Institute of Training and Development)会員、管理者協会会員、そしてロンドンの名誉市民でもある。さらに、ケンブリッジ大学とブリストル大学の青年実業家団体(Young Entrepreneurs’ Society)の後援者です。

引用元

  • 2003年1月「指導者のためのしおり・ブザン式放射学習法」
  • トニー・ブザン著「ザ・マインドマップ」

トニー・ブザンが考案したマインドマップの正式な書き方を【マインドマップ基礎講座】であなたも学んでみませんか。