マインドマップの書き方でセントラルイメージの「色数が少ない」ことは損なことです

>お問い合わせ

>サイトマップ

 マインドマップの書き方で最初に描く絵がセントラルイメージです。

セントラルイメージは、紙面中央にマインドマップのテーマを象徴する絵です。

上手な方が描いたものは、見る人の目を強く引きつけるほどの魅力を発揮します。

 さて、このセントラルイメージを描くのはどうでしょう。

絵を描くのが得意な人は最初から楽しくて仕方がないでしょう。

ところが、多くの人は楽しいどころか考え込んだり手が止まったりします。

セントラルイメージの書き方に対して心理的な何かがあるからでしょう。

各種講座

マインドマップの体得や資格試験勉強法、話し方などをテーマにした講座や相談を下記のリンクからご覧ください。

マインドマップマスター講座

資格試験勉強法の無料相談

マインドマップ試験勉強法講座

マインドマップ

マインドマップの書き方や実例、関連情報が下記にあります。

マインドマップの書き方

マインドマップの実例

マインドマップの関連情報

メールマガジン

「マインドマップ資格試験勉強法」の著者、近藤哲生が就職・転職・仕事で夢を叶える発想法や記憶力強化、資格試験勉強法のノウハウをお届けします。

メルマガ登録

メルマガバックナンバー

最新情報

マインドマップの無料メルマガ・各種講座・関連情報・本サイトの更新などの最新情報があります。

メールマガジン

各種講座

マインドマップ

本サイト

ブログ

事務所のご紹介

共著「マインドマップ資格試験勉強法」著者、近藤哲生が代表を務める事務所の詳しい情報は下記をお当たりください。

近藤哲生のプロフィール

近藤哲生のメッセージ

事業概要

プライバシーポリシー

特商法の表記

お問い合せフォーム

色数が少ないことの意味とは

HOME > マインドマップ >マインドマップの書き方>イメージ

 

色数が少ないことはどうなのでしょうか。

 

確かに、沢山の色を使うのは時間の無駄だと考えられます。

例えば、職場で色数を多くして書いている時間はありませんね。
しかし、頭の使い方からみると色数が少ないことは損なのです。

 

その理由はこうです。

 

まず、色数が少ないと想像力を発揮しにくくなります。
想像力は連想を生み、連想は発想力や記憶力につながります。

でも、源である想像力が発揮されないので後の力も広がりません。

 

ある色はある想像や様々な連想を心にもたらします。
例えば、ここで一つの色として「赤」を想像してみましょう。

すると、リンゴ、夕焼け、ワイン、デートなど連想が広がる。


その広がりが連想ですが、これが発想力に繋がります。
色数が多いほど、様々な発想を広げる機会が生まれます。

色数と記憶の関係

次に、色数が少ないと記憶に残りにくいのです。


手間をかけて描いたものが記憶に残らないのはもったいない。

記憶と色彩は実に深い関係にあります。


今でも覚えていることを振り返って見るとどうでしょうか。
較べて、あまり覚えていないことを同じく心に浮かべるとどうでしょう。
2つを較べてみると、明らかに違いがありませんか。

 

そう、良く覚えていることは、そうでないものよりも色数が多い。
色数を増やすが物事を上手く覚えるコツです。
色を沢山使うと記憶力が高まります。

 

それには色を沢山使うことが楽しい体験をしてみませんか。

メンタルブロックは不愉快な体験をしたことが原因です。

だから楽しい体験をすれば、メンタルブロックを解消できます。

 

あなたもマインドマップマスター講座でそうなることを期待できます。
脳力を発揮して仕事や勉強がもっとできるようになれますよ。

 

あなたも【マインドマップマスター講座】に参加してみませんか。

 

関連記事は以下からご覧ください。