マインドマップの書き方、色の使い方のルールで知的生産力はアップできます

>お問い合わせ

>サイトマップ

マインドマップは注目を集めます。

その理由の1つが多彩な色の使い方です。

今までにはない彩りが興味を引き関心の的です。

見ているだけで楽しくなってきますが、様々な効果があるのです。

 その一方、カラフルに書きにくいのも事実ですよね。

面倒だし、色のセンスが貧しいし、周りの目が気になるからです。

しかし、そうであっても色づかいのルールは沢山のメリットをもたらすのです。

各種講座

マインドマップの体得や資格試験勉強法、話し方などをテーマにした講座や相談を下記のリンクからご覧ください。

マインドマップマスター講座

資格試験勉強法の無料相談

マインドマップ試験勉強法講座

マインドマップ

マインドマップの書き方や実例、関連情報が下記にあります。

マインドマップの書き方

マインドマップの実例

マインドマップの関連情報

メールマガジン

「マインドマップ資格試験勉強法」の著者、近藤哲生が就職・転職・仕事で夢を叶える発想法や記憶力強化、資格試験勉強法のノウハウをお届けします。

メルマガ登録

メルマガバックナンバー

最新情報

マインドマップの無料メルマガ・各種講座・関連情報・本サイトの更新などの最新情報があります。

メールマガジン

各種講座

マインドマップ

本サイト

ブログ

事務所のご紹介

共著「マインドマップ資格試験勉強法」著者、近藤哲生が代表を務める事務所の詳しい情報は下記をお当たりください。

近藤哲生のプロフィール

近藤哲生のメッセージ

事業概要

プライバシーポリシー

特商法の表記

お問い合せフォーム

マインドマップの書き方で起こること

HOME > マインドマップ >マインドマップの書き方>

 

マインドマップの書き方で色の使い方は大事です。

大事なのは使い方次第で手に入る効果が違ってくるからです。

色を使う手間とそこからの効果といった対費用効果が明らかに違うのです。


その効果とは次のことです。

  • 意欲が出る
  • 記憶力が高まる
  • 創造力が発揮できる
  • 集中力が強化される
  • 情報の整理が容易になる

以上は効果の一部ですが、このような肯定的な影響です。

 

ところが、色の使い方で次のことが起こります。

  • セントラルイメージが黒一色で書いてある
  • 黒一色ではなくても使用した色の数が少ない
  • つづくブランチも同様に色彩が貧しいものになる

ここから色の使い方に注目してみましょう。

色の使い方で起こること

モノトーンでマインドマップを書く理由は次のようなことでしょうか。

  • いままでの習慣から離れにくい
  • カラーペンを用意するのが面倒くさい
  • カラーペンをいちいち持ち替えるのが煩雑である
  • 色を変えたからといって、それに効果があると思えない
  • 色鮮やかにマインドマップを書いていると遊んでいると思われるが嫌

マインドマップを書く時に、皆さんは色どのようにしていますか。


セントラルイメージやブランチについては別のところで述べました。
この文章では、マインドマップを書く時にをどうするかを考えましょう。

 

ではマインドマップをモノトーンで書くことはどうなのでしょう。
現場はマインドマップを書く時はいちいち色を変えられない状況です。

 

もちろん、読書録や試験勉強などのある局面では多色にこだわらなくても良い場面があります。でも、マインドマップを書くことで特に記憶や創造力の効果を考えるとできるだけ色を使うこともおすすめします。その理由は2つあります。

 

色の使い方と記憶力の関係

色の使い方と発想と想像力の関係

 

以上が色をどのように使うかのご案内でした。
色の使い方はたくさんのマインドマップを書いて探求しませんか。

 

例えばこうです。 自分がどんな色をどのように配色した時に良く覚えていられたか。 どんな色づけでセントラルイメージを描いたら発想が盛んになったか。
その探求が脳の操作力であるメンタルリテラシーを高めることになります。

 

メンタルリテラシーは【マインドマップマスター講座】のテーマです。
学習や記憶力や創造力などをどうしたら発揮するか、その能力を言います。

マインドマップの正式な書き方を通して学べるこらからに必須の能力です。