マインドマップの書き方で用紙のルールを知れば頭の使い方が上手くなる

>お問い合わせ

>サイトマップ

 マインドマップを書く用紙をどうお考えでしょうか。書き慣れていれば用紙は余り関係ないのも事実です。ところが、初心者の方には用紙について心配りをして欲しいのです。用紙の選び方や使い方が書き手に強く影響を与えるからです。
 従来のノートが脳に与える悪影響を排除するためにマインドマップの書き方があります。だから、用紙の選び方や使い方にもルールがあるのです。用紙のルールと言うと堅苦しいですが、頭の使い方が上手くなるための提言だとお考えください。では、用紙についてどんな影響があるのかをこれからご案内しましょう。

各種講座

マインドマップの体得や資格試験勉強法、話し方などをテーマにした講座や相談を下記のリンクからご覧ください。

マインドマップマスター講座

資格試験勉強法の無料相談

マインドマップ試験勉強法講座

マインドマップ

マインドマップの書き方や実例、関連情報が下記にあります。

マインドマップの書き方

マインドマップの実例

マインドマップの関連情報

メールマガジン

「マインドマップ資格試験勉強法」の著者、近藤哲生が就職・転職・仕事で夢を叶える発想法や記憶力強化、資格試験勉強法のノウハウをお届けします。

メルマガ登録

メルマガバックナンバー

最新情報

マインドマップの無料メルマガ・各種講座・関連情報・本サイトの更新などの最新情報があります。

メールマガジン

各種講座

マインドマップ

本サイト

ブログ

事務所のご紹介

共著「マインドマップ資格試験勉強法」著者、近藤哲生が代表を務める事務所の詳しい情報は下記をお当たりください。

近藤哲生のプロフィール

近藤哲生のメッセージ

事業概要

プライバシーポリシー

特商法の表記

お問い合せフォーム

脳の働きはどうなっているのか

HOME > マインドマップ >マインドマップの書き方>

マインドマップは脳の働きを紙に写します。
脳の働きは1つの思いから多方向に連想を広げます。

 

例えば、「いちご」を思うとどうでしょう。 連想が連想を誘い、さらに連想が連想を誘う連鎖システムがあります。一瞬にして色や形や香り、そしてお菓子類を想像するでしょう。このように次々と連想を広げ、それがやがて新たなアイディアを生みます。

 

アインシュタインがその例です。彼は16才の時に丘の上である思いを持ちました。宇宙が曲がっているとしたアイディアを創造したのです。それから10年の時を経て、あの相対性理論を生むに至ったのです。

大空に広がる花火のように働く脳の仕組みとは

それが脳の働きの一例ですが、その働きは大空に広がる花火のようです。だからマインドマップはあの様に描くのです。

 

連鎖的な脳の働きはフィードバックに支えられています。フィードバックとは情報発信源に情報を再び返す仕組みです。例えば、鏡がその身近な例です。鏡を見ることで自分の顔つきに気き、表情を改めることができます。


フィードバックは心・脳そのものという媒体の中で進みます。紙といった外部の媒体を通しても「考えていたことはこれなんだ」と進みます。細かくみると、脳→手→紙→目→脳・・・以下は先の繰り返しです。


そのフィードバックを阻害する要素は少ないほど脳と紙との連鎖、好循環がおきます。だから脳の働きを写し取る媒体である紙は可能な限り連鎖を阻害しないように自由な方が良いわけです。

従来のノート類が招いていたこととは

その一方、私たちが慣れ親しんできたノート類はどうだったでしょうか。


罫線やマス目があり、それにそって言葉を書くようにしました。脳の働きの現れである自由に思いを書き記すのとは対極の状態でした。退屈で窮屈で型にはまっていました。

 

つまり脳の働きを十分に引き出すにはほど遠いものでした。ですから授業は眠たく、自宅での勉強は退屈で続かないのです。しかもそれを自分自身に強制し続けてきました。そうして、自分は頭が悪いと誤解もしてきたようです。

 

それは脳の働きが悪いのではない。そうではなく、脳の働きを邪魔するノートを使ったからです。もし、そのまま不自由なノートを使ったらどうでしょうか。


勿論、未来は現在の延長ですから、脳の働きは今までの延長です。無限と言われる脳の力を持って生まれてきても、宝の持ち腐れです。

脳の働きを助ける最初の一歩

それではもったいないので、ノートに関して新しい提言できるのです。それがマインドマップの書き方、その最初の一歩である用紙の3つルールです。詳しくは次の用紙のルールをご覧ください。

 

以上は説明を通した知識学習でした。それより素速く学べるのが体験学習です。

体験学習の場である【マインドマップマスター講座】に参加してみませんか。