マインドマップの書き方で構造化使えば巨大な脳の力をもっと使える

>お問い合わせ

>サイトマップ

構造化とは何でしょうか。確かに、幾つかのBOI(基本階層のイメージ)の言葉からマインドマップを書き始めることして多くの場合は説明されます。しかし、BOIから書き始めることが強調され十分な説明がされなかったことが構造化です。その説明をすると、マインドマップは難しいと言う印象を持たれるからです。それを避けてあまり構造化の深い部分が紹介されることが余りありませんでした。 

 しかし、仕事や勉強などでマインドマップを構造化して書き進められると、巨大な脳の力、例えば記憶力や創造力をより発揮できるのです。

各種講座

マインドマップの体得や資格試験勉強法、話し方などをテーマにした講座や相談を下記のリンクからご覧ください。

マインドマップマスター講座

資格試験勉強法の無料相談

マインドマップ試験勉強法講座

マインドマップ

マインドマップの書き方や実例、関連情報が下記にあります。

マインドマップの書き方

マインドマップの実例

マインドマップの関連情報

メールマガジン

「マインドマップ資格試験勉強法」の著者、近藤哲生が就職・転職・仕事で夢を叶える発想法や記憶力強化、資格試験勉強法のノウハウをお届けします。

メルマガ登録

メルマガバックナンバー

最新情報

マインドマップの無料メルマガ・各種講座・関連情報・本サイトの更新などの最新情報があります。

メールマガジン

各種講座

マインドマップ

本サイト

ブログ

事務所のご紹介

共著「マインドマップ資格試験勉強法」著者、近藤哲生が代表を務める事務所の詳しい情報は下記をお当たりください。

近藤哲生のプロフィール

近藤哲生のメッセージ

事業概要

プライバシーポリシー

特商法の表記

お問い合せフォーム

脳力と構造化の関係とは

HOME > マインドマップ >マインドマップの書き方>

 

脳の巨大な力を使うことは、構造化によってできます。構造化を支える要素についてマインドマップ創始者トニー・ブサン氏は次のように述べています。

 

脳の巨大な力を使いこなすためには、思考やマインドマップを、階層と分類を使って組み立てる必要がある」トニー・ブザン著「ザ・マインドマップ」82項

 

記憶力は大人でも強化することが可能です。その為に不可欠なのが、簡単に言うと理解です。覚えたい事項の論理的な位置を納得することです。原因と結果、事象とその背景など、記憶の対象が組み込まれた様子を捉えること、つまり記憶の対象の構造化です。

 

また創造力もコツさえ掴めば誰でも強化できます。創造力を発揮する典型がアイディアを作ることでが、既存のものと既存のものとの新しい組み合わせをすることです。組み合わせは、例えば既存のもの同士が持つ対立や矛盾や依存の関係を持たせることです。他にも様々な組み合わせを作ることが構造化です。

マインドマップの書き方にあった声とは

先のように脳の力を発揮することを期待できるマインドマップの書き方はこう言われました。単に発散思考の方法としてなら使える。セントラルイメージから次々と連想を広げて、それを紙面に展開する方法としてなら良いとした声でした。

 

それが、「マインドマップって仕事で使えない」という批判に繋がったようです。つまり、想像と連想で書き進めるのは発散思考が中心のアイディアフラッシュになら使える。だけど、発散した思考をまとめる仕事で不可欠な収束思考には使えないとした声です。

 

例えば、企画を作ったり、論文の草案を考えたりなどに使えない。論理を構成する主張を抽出し、主張を支える論拠や事実を整理するような論理的な思考に使えないとした意見です。要するに、マインドマップは連想ゲーム的な発散思考のツールであり、論理を構築できる思考ツールではないとされる意見でした。

マインドマップの書き方が批判を招いた背景

そうなる背景がマインドマップが普及する段階でありました。楽しみながら想像と連想で書き進めれば良い。マインドマップは簡単で誰でも年齢に関係なく使えることが前景化されその一方であることが起きたことです。

 

例えば、小学校や中学校にもマインドマップが紹介されました。その過程の中で説明が難しい話題が控えられた状況もありました。また、マインドマップが社会人に普及する段階でも各種メディアに難しそうなものはあまり好まれない空気もありました。

 

マインドマップが普及する過程の中で、背景に退いた比較的に難しいという印象があったもの、それが冒頭でそのような印象も持たれた構造化でしょう。それもマインドマップの普及という局面では致し方ないことです。

 

もちろん、それが決して悪いわけではありません。構造化が一時的に背景に退いたことでマインドマップが普及した。そうして、マインドマップへの批判もあれこれと出てきた訳です。そのなかで不適切な構造化がみられるようになりました。しかし、それに対して効果的な構造化も可能です。

文章で読むと難しそうな印象があるのが構造化でした。でも、実際にマインドマップを書きながら学んでいくとストンと腑に落ちるのが構造化なのです。

それを【マインドマップマスター講座】で深くお伝えしています。