マインドマップの書き方のうち言葉の書き方が分かれば脳力が進化する

>お問い合わせ

>サイトマップ

 マインドマップの書き方でポイントは何でしょうか。確かに、見た目の綺麗さはメディアの影響もあって大事そうです。しかし、綺麗さよりも大事なことが言葉の書き方やその選び方なのです。
 思考は言語と言うことから、考えを的確に表す言葉を書ければ効率的に思考を記述できるからです。限られた紙面や時間の中で密度の高い発想や情報整理をなしえられます。つまり、言葉の書き方がもっと脳力を多いに進化させるのです。マインドマップの書き方のうち言葉の書き方を理解したくありませんか。

各種講座

マインドマップの体得や資格試験勉強法、話し方などをテーマにした講座や相談を下記のリンクからご覧ください。

マインドマップマスター講座

資格試験勉強法の無料相談

マインドマップ試験勉強法講座

マインドマップ

マインドマップの書き方や実例、関連情報が下記にあります。

マインドマップの書き方

マインドマップの実例

マインドマップの関連情報

メールマガジン

「マインドマップ資格試験勉強法」の著者、近藤哲生が就職・転職・仕事で夢を叶える発想法や記憶力強化、資格試験勉強法のノウハウをお届けします。

メルマガ登録

メルマガバックナンバー

最新情報

マインドマップの無料メルマガ・各種講座・関連情報・本サイトの更新などの最新情報があります。

メールマガジン

各種講座

マインドマップ

本サイト

ブログ

事務所のご紹介

共著「マインドマップ資格試験勉強法」著者、近藤哲生が代表を務める事務所の詳しい情報は下記をお当たりください。

近藤哲生のプロフィール

近藤哲生のメッセージ

事業概要

プライバシーポリシー

特商法の表記

お問い合せフォーム

マインドマップの書き方で一番質問の多いこと

HOME > マインドマップ >マインドマップの書き方>

 

講座で質問が多い事柄が言葉の書き方についてです。

書き方とは書体や筆運びか、そうではなくどんな言葉を選んで書くかです。

 

マインドマップの言葉は原則的に連想で書きます。セントラルイメージから連想したことを、セントラルイメージから伸ばした親のブランチに書きます。親のブランチの言葉から連想したことを、親のブランチから伸ばした子のブランチの言葉として書きます。基本的には次々と連想、連想で書いていきます。

 

ところが連想と言っても目標管理や企画立案など具体的な課題では、連想の練習や遊びが目的ではありませんから、ゲームのように単なる思いつきをマインドマップの言葉として書いてばかりにはいきません。

 

だから仕事や勉強のマインドマップを書くときに言葉の質問が出てきます。
あなたは言葉について疑問を持ったことがありませんか。

マインドマップに書く言葉をどう選ぶのか

ここから、マインドマップを書くときにどんな基準で言葉を選べば良いのかを考えてみましょう。お伝えすることを実践していくことで皆さんは次のような効果をマインドマップに期待することができます。

 

・連想ゲームにとどまらない課題が解決できるようになる
・抽象化や具象化といった階層化のプロセスを含意した思考が出来る
・原因と結果など論理的な思考をマインドマップで出来るようになる

 

さてマインドマップの言葉をどのように選び書いているでしょうか。
セントラルイメージやブランチの書き方は、ある程度見よう見まねで覚えられます。しかし、言葉はそうは簡単に出来ないのです。その理由はマインドマップの書き方にあります。

マインドマップの書き方、見まねできない部分とは

書き方は、二つのから成り立っています。一つは目に見え、もう一つは目にみえない部分です。目に見えるは、セントラルイメージやブランチの書き方です。見えないので、見まねでは簡単に覚えることができないのが、ブランチの上に書く言葉です。

 

言葉の基準が言葉を書き表す文字のサイズや選び方を決定します。文字のサイズは可視的なものですので真似できます。一方、言葉の基準を知らずに言葉をどう選ぶかは見よう見まねはできません。

 

ルールを外して言葉を書き散らしても時間が無駄になり効果を期待できません。詳しくは次のページでご覧ください。

 

マイナスの言葉の選び方や書き方

プラスの言葉の選び方や書き方

 

とても大切なのです。でも綺麗さだけが注目されるためか、このことはあまり言われませんでした。また、言葉だけでは伝えにくい部分でもあります。でも、体験的に学べば簡単に分かります。


マインドマップマスター講座】で言葉の選び方、書き方をマスターしませんか。